意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一本道」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一本道」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一本道」という言葉を使った例文や、「一本道」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「一本道」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一本道」とは?意味
  • 「一本道」の表現の使い方
  • 「一本道」を使った例文や短文など
  • 「一本道」の類語や類義語・言い換え


「一本道」とは?意味

「一本道」には、「途中で分かれずに、真っ直ぐ続く道」という意味があります。

  • 「一本道」の読み方

「一本道」の読み方

「一本道」の読み方は、「いっぽんみち」になります。



「一本道」の表現の使い方

「一本道」の表現の使い方を紹介します。

「一本道」には、「途中で分かれずに、真っ直ぐ続く道」という意味があります。

そのため、そのような真っ直ぐな道を見た時に、「一本道」という言葉を使ってみましょう。

例えば、田舎にドライブに行くと、いつまでも真っ直ぐ続くだけの道を通ることがあります。

このような時、「一本道をドライブする」などと「一本道」を使った表現ができます。

このように途中で分かれずに、真っ直ぐ続く道に出た時、「一本道」という言葉を使ってみましょう。

「一本道」を使った例文や短文など

「一本道」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一本道」を使った例文1
  • 「一本道」を使った例文2

「一本道」を使った例文1

「運転の初心者でも『一本道』なら楽しくドライブできる」

この例文は、途中で分かれずに、真っ直ぐ続く道なら、運転免許を取りたての人でも、ドライブを楽しめるという意味があります。

右折したり左折する必要がなく、運転技術が必要ないためです。

このような真っ直ぐな道を「一本道」と言います。

免許取りたての人は、できるだけこのような道を選んで、運転になれるといいかもしれません。

「一本道」を使った例文2

「駅まではこの『一本道』を西に進むだけのため、迷いようがない」

この例文は、駅までの道案内をしている人についての文章になります。

その場所から駅までは、途中で分かれずに真っ直ぐに進む道しか通らず、西に進むだけで到着するため、迷うはずがないと説明しています。

このように、分かれ道のないまっすぐな道を見つけた時、「一本道」と言いましょう。



「一本道」の類語や類義語・言い換え

「一本道」の類語や類似を紹介します。

  • 「真っ直ぐ」【まっすぐ】
  • 「直進」【ちょくしん】

「真っ直ぐ」【まっすぐ】

「真っ直ぐ」には「少しも曲がることのないこと」という意味があります。

また「寄り道などしないで、直接に目的に向かう」という意味もあります。

例えば「家まで真っ直ぐ帰る」という言葉には、「家まで寄り道などせずに帰る」という意味があります。

「直進」【ちょくしん】

「直進」には「真っ直ぐ進む」という意味があります。

「駅まで車を直進させる」という言葉には、「車などを駅まで真っ直ぐに進ませる」という意味があります。

icon まとめ

「一本道」という言葉について見てきました。

途中で分かれずに、真っ直ぐ続く道に出会った時、「一本道」という言葉を使ってみましょう。