意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無償化」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

世の中の活動には必ずコストがかかってきます。

それを対価として、お金を利用者などから得ることがビジネスに繋がるのですが、時として「無償化」という動きになることもあります。

では、この「無償化」とは、どのようなことを指しているのでしょうか?

そこで今回は、この「無償化」について考えていくことにします。

Meaning-Book
「無償化」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無償化」とは?意味
  • 「無償化」の表現の使い方
  • 「無償化」を使った例文と意味を解釈
  • 「無償化」の類語や類義語


「無償化」とは?意味

「無償」という言葉には「報酬のないこと」「報酬を求めないこと」、あるいは「代金を払わないでいいこと」という意味があります。

このことから「無償化」とは「代金を払わなくてもいいようにすること」という意味で解釈することができます。

  • 「無償化」の読み方

「無償化」の読み方

「無償化」「むしょうか」という読み方になるので、ここでしっかりと覚えておきましょう。



「無償化」の表現の使い方

「無償化」とは「お金を支払わなくてもいいようにすること」という意味になるので、色々な支払いが生じる行為をなくすような場面で使われています。

具体的には、行政的なサービスの「無償化」などが挙げられますが、道路の「無償化」というケースが身近なものとしてあります。

「無償化」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「無償化」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「無償化」を使った例文1
  • 「無償化」を使った例文2

「無償化」を使った例文1

「基本プログラムを無償化することで、関連性アプリケーションの拡販につなぐことができる」

これはアプリケーションを販売するビジネスモデルとしてら既に確立された手法です。

今ではフリーソフトも数多く提供されていますが、基本的な使い方に加えて、応用的なニーズに対応させるために、それ以降のものに対しては、「有償化」してビジネスとすることです。

インターネットが発達した現代社会においては、このような仕組みがたくさん生まれています。

「無償化」を使った例文2

「教育の機会均等に寄与することを目的に2010年4月から、高校の無償化が施行されたのですが、これにより高校生を持つ家庭がとれだけ助けられたことか」

子を持つ親にとっては、教育費が悩みの種です。

義務教育でも進学のために、学費が必要でしたが、この「無償化」の制度は大いに助かったはずです。



「無償化」の類語や類義語

「無償化」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「無料化」【むりょうか】
  • 「フリー化」【ふりーか】

「無料化」【むりょうか】

「無料化」という言葉が「無償化」に近い意味のある類義語です。

「お金がいらない仕組み」という意味になりますが、この「無料化」も社会的な制度の中で、様々な場面で使われています。

「フリー化」【ふりーか】

「フリー」とは「自由」という意味から「フリー化」=「自由化」と解釈することが一般的でしょう。

これに加えて、「費用がかからないようにする」という意味でも使うことができます。

icon まとめ

「無償化」という制度になると、多くの人が喜ぶことでしょう。

しかし、実際にはその仕組みを運用するためのコストが必ず必要になっています。

「無償化」された公共サービスでも同様で、実際には税金が導入されて、費用を負担しなくてもいいようになっているわけです。