意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「低次元」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「低次元」という表現は「低次元な相手と話すつもりはありません」「低次元な遊びは卒業した」などの文章で使われますが、「低次元」にはどのような意味・使い方があるのでしょうか?

「低次元」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「低次元」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「低次元」とは?意味
  • 「低次元」の表現の使い方
  • 「低次元」を使った例文と意味を解釈
  • 「低次元」の類語や類義語


「低次元」とは?意味

「低次元」という表現は、「次元(レベル・基準)が低いこと」を意味しています。

その意味から転じて、「低次元」という表現には、「考え方・発想・発言・行動などのレベル(水準)が低いこと」「低級(低レベル)でまともに相手する価値がないさま」という意味があるのです。

「低次元」「次元」には、「物事を考えたり行ったりする時の程度・レベル(水準)・立場」の意味があります。

  • 「低次元」の読み方

「低次元」の読み方

「低次元」の読み方は、「ていじげん」になります。



「低次元」の表現の使い方

「低次元」の表現の使い方を紹介します。

「低次元」という表現は、「相手の発言・考え方・行動などのレベル(次元・水準)が低い場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼の弱者に寄り添えない低次元な価値観を聞かされると不快な気分になります」といった文章で使うことができます。

「低次元」を使った例文と意味を解釈

「低次元」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「低次元」を使った例文1
  • 「低次元」を使った例文2

「低次元」を使った例文1

「同じ家で一緒に暮らすようになってから、パートナーの幼稚で低次元な発言が受け入れられなくなりました」

この「低次元」を使った例文は、「パートナーの幼稚でレベル(水準)の低い発言が受け入れられなくなった」という意味合いで、「低次元」という表現を使用しています。

「低次元」を使った例文2

「政治家の的外れで低次元な政策・発想では、一般国民の労働環境や家計の状態が改善する可能性は低いように感じます」

この「低次元」を使った例文では、「低次元」という表現を、「政治家の的外れでレベルの低い(=国民の仕事・生活についての判断基準がずれている)政策・発想」という意味合いで使っているのです。



「低次元」の類語や類義語

「低次元」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明します。

  • 「低レベル・低い水準」
  • 「幼稚・価値が乏しい」

「低レベル・低い水準」

「低次元」という表現は、「その人の考え方・言動が低レベルであること」「その人の考え方・行為・発言が低い水準にあること」を意味しています。

その意味合いから、「低レベル」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「低レベル・低い水準」の表現を指摘できます。

「幼稚・価値が乏しい」

「低次元」という言葉は、「価値観や考え方が成熟しておらず幼稚でレベルが低いさま」「言動・考え方・態度などのレベルが低くて、まともに相手する価値が乏しいこと」を意味しています。

それらの意味から、「低次元」と近しい類似した意味を持つ類義語として、「幼稚・価値が乏しい」の表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「低次元」の表現には、「考え方・発想・発言・行動などのレベル(水準・基準)が低いこと」などの意味があります。

「低次元」の類語・類義語として、「低レベル・低い水準」「幼稚・価値が乏しい」などがあります。

「低次元」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。