意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先ず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「先ず」という言葉を身近な場面で使ったり、聞いたりしていることがあるかと思います。

よく使われている言葉だけに、全く意識せずに使っており、その意味をじっくりと振り返りながら考えるようなことは、めったにないことでしょう。

そこで今回は、この「先ず」という言葉にフォーカスして、どのような意味があり、どんな場面で使われるのか、考えていくことにします。

Meaning-Book
「先ず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「先ず」とは?意味
  • 「先ず」の表現の使い方
  • 「先ず」を使った例文と意味を解釈
  • 「先ず」の類語や類義語


「先ず」とは?意味

「先ず」とは、「何よりも他のより先」「最初」「他のことを差し置くとして、とにかく」という意味がある言葉です。

  • 「先ず」の読み方

「先ず」の読み方

「先ず」「まず」という読みが方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。

「まず」と読むことが分かれば、あまりにも日常的に使われているので、感覚的に使っていることを自覚することもあるかもしれません。



「先ず」の表現の使い方

「先ず」には「他のことを差し置いて、とにかく」という意味があるので、「先ずはお茶を一杯飲んで動くことにしよう」というように、何か物事をなそうとする前の行動の前に使われることになります。

「先ず」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「先ず」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「先ず」を使った例文1
  • 「先ず」を使った例文2

「先ず」を使った例文1

「何事にも、先ずは金がないと動くことも考えることもできない。資金集めが重要だ」

「世の中はお金が全て」と考える人が少なくありません。

このような言葉だけを聞くと、とても浅ましい考え方のように思えるのですが、実際にお金を持っておかないと何もできないことも事実です。

そのようなことから「先ずはお金」ということも、あながち否定することはできません。

多すぎるお金は、妬み・恨みを買いますが、少ないお金も不幸かもしれません。

「先ず」を使った例文2

「かなり前準備に時間を要したが、これで先ずは大丈夫だろう」

何事にも前以て準備をしておくことは、大切なことです。

特に仕事では、順調に物事を進めるために、事前準備が重要になってくるわけですが、それがある段階までできると、「先ず」は安心です。



「先ず」の類語や類義語

「先ず」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「初めに」【はじめに】
  • 「人の先に立って」【ひとのさきにたって】

「初めに」【はじめに】

「初めに」「先ず」の類義語として扱うことができます。

「初めに」は、「ある期間の早い段階」「物事の最初」という意味で使われている言葉です。

「人の先に立って」【ひとのさきにたって】

「人の先に立って」という言葉も「先ず」に近い意味を持っています。

「他の誰よりも先に行動を起こすさま」という意味になりますが、とても力強いリーダーシップを発揮するような人を指して使うイメージがあります。

icon まとめ

「先ず」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、このように改めて見ていくことで、ごくありふれた言葉であっても、それなりに深い意味が込められていることが分かります。

したがって、この言葉を使う時に、意識することで、その使い方にも新たな発見があるかもしれません。