意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「息つく暇もない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「息つく暇もない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「息つく暇もない」という言葉を使った例文や、「息つく暇もない」の類語を紹介して行きます。

息つく暇もない

Meaning-Book
「息つく暇もない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「息つく暇もない」とは?意味
  • 「息つく暇もない」の表現の使い方
  • 「息つく暇もない」を使った例文や短文など
  • 「息つく暇もない」の類語や類義語・言い換え


「息つく暇もない」とは?意味

「息つく暇もない」には、「呼吸をする暇もないほど、忙しい」という意味があります。

  • 「息つく暇もない」の読み方

「息つく暇もない」の読み方

「息つく暇もない」の読み方は、「いきつくひまもない」になります。



「息つく暇もない」の表現の使い方

「息つく暇もない」の表現の使い方を紹介します。

「息つく暇もない」には、「呼吸をする暇もないほど、忙しい」という意味があります。

このように、とても忙しい時、「息つく暇もない」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ランチ時の食堂のホール係の人は、呼吸する暇もないほど、忙しいと感じるかもしれません。

このような時、「ランチ時は息つく暇もない」などと言います。

仕事や家事、プライベートの場面で、呼吸する暇もないほど忙しいと感じた時、「息つく暇もない」という言葉を使ってみましょう。

「息つく暇もない」を使った例文や短文など

「息つく暇もない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「息つく暇もない」を使った例文1
  • 「息つく暇もない」を使った例文2

「息つく暇もない」を使った例文1

「大晦日の蕎麦屋のバイトは、『息つく暇もない』ほど、忙しい」

この例文のように、大晦日の蕎麦屋は、呼吸する暇もないほど忙しいかもしれません。

年越しそばの準備と販売のため、朝から晩まで働き続けるためです。

臨時バイトとして働いてみたら、「息つく暇もない」と感じたかもしれません。

このように、繁忙期のバイトのように、呼吸する暇もないほど忙しい時に、「息つく暇もない」という言葉を使ってみましょう。

「息つく暇もない」を使った例文2

「サッカーの点の取り合いを見ていると、『息つく暇もない』と感じる」

この例文はサッカー観戦をしていたら、点の取り合いになり、ピッチを右に左に選手が移動するため、見ていると呼吸する暇もないほど忙しいと感じているという文章になります。

点の取り合いになると、ハラハラする場面が多く、視点の異動も多くなるため、「息つく暇もない」と感じるかもしれません。



「息つく暇もない」の類語や類義語・言い換え

「息つく暇もない」の類語や類似を紹介します。

  • 「息もできない」【いきもできない】
  • 「息詰まる」【いきづまる】

「息もできない」【いきもできない】

「息もできない」には「展開が極めて早い様子」という意味があります。

矢継ぎ早に何かが起こるため、呼吸する暇もないほどだという意味があります。

「息詰まる」【いきづまる】

「息詰まる」には、「押さえつけられて、胸が詰まるような雰囲気」という意味があります。

「息詰まる熱戦」などという使い方をします。

icon まとめ

「息つく暇もない」という言葉について見てきました。

呼吸をする暇もないほど忙しいと感じる時、「息つく暇もない」という言葉を使ってみましょう。