意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雪だるま式」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「雪だるま式」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「雪だるま式」という言葉を使った例文や、「雪だるま式」の類語を紹介して行きます。

雪だるま式

Meaning-Book
「雪だるま式」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「雪だるま式」とは?意味
  • 「雪だるま式」の表現の使い方
  • 「雪だるま式」を使った例文や短文など
  • 「雪だるま式」の類語や類義語・言い換え


「雪だるま式」とは?意味

「雪だるま式」には、「どんどん積み重なり、ふくらんでいくこと」という意味があります。

雪の塊を転がすと、雪を付けてどんどん大きくなっていく様子から、「雪だるま式」という言葉が生まれています。

  • 「雪だるま式」の読み方

「雪だるま式」の読み方

「雪だるま式」の読み方は、「ゆきだるましき」になります。



「雪だるま式」の表現の使い方

「雪だるま式」の表現の使い方を紹介します。

「雪だるま式」には、「どんどん積み重なり、ふくらんでいくこと」という意味があります。

そのため、雪だるまのように、どんどん積み重なり、ふくらんでいく様子を見た時、「雪だるま式」という言葉を使ってみましょう。

例えば、毎日のように食事を食べすぎている人は、脂肪がどんどん内臓の中や体の中に積み重なって、ふくらんでしまいます。

このような様子に対して、「雪だるま式に、太る」などと「雪だるま式」を使って表現できます。

「雪だるま式」を使った例文や短文など

「雪だるま式」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「雪だるま式」を使った例文1
  • 「雪だるま式」を使った例文2

「雪だるま式」を使った例文1

「お金がなくても、カードで支払っていたら、『雪だるま式』に借金が増えた」

この例文は、お金がない時に買い物やめるのではなく、カード払いをしていたら、借金がどんどん積み重なり、増えてしまったという文章になります。

カード払いは返済時に金利分を足す必要があるため、どんどん借金が増えてしまうかもしれません。

このように、借金の金利によって、どんどん借金が増える様子を、「雪だるま式に借金が増える」と言います。

「雪だるま式」を使った例文2

「会うたびに彼女が素敵に見えるため、恋心が『雪だるま式』にふくらんだ」

この例文は、男性が女性と会うたびに、素敵だと感じるため、彼女を恋する心が、どんどん積み重なり、大きくなったという意味があります。

このように、誰かに対する思いがどんどん大きくなる時も、「雪だるま式」という言葉を使えます。



「雪だるま式」の類語や類義語・言い換え

「雪だるま式」の類語や類似を紹介します。

  • 「加速的に増える」【かそくてきにふえる】
  • 「急速に膨らむ」【きゅうそくにふくらむ】

「加速的に増える」【かそくてきにふえる】

「加速的に増える」には、「どんどん増える」という意味があります。

「資産が加速的に増える」「借金が加速的に増える」などという使い方をします。

「急速に膨らむ」【きゅうそくにふくらむ】

「急速に膨らむ」には、「非常に速い勢いで膨らむ」という意味があります。

「期待が急速に膨らむ」という言葉には、「期待が非常に速い勢いで膨らむ」という意味があります。

icon まとめ

「雪だるま式」という言葉について見てきました。

何かがどんどん積み重なり、膨らんでいく様子を見た時、「雪だるま式」という言葉を使ってみましょう。