意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「湾岸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「湾岸」という表現は、漫画「湾岸ミッドナイト」や中東で発生した「湾岸戦争」などの名前で知られていますが、「湾岸」は具体的にどのようなことを意味しているのでしょうか?

「湾岸」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「湾岸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「湾岸」とは?意味
  • 「湾岸」の表現の使い方
  • 「湾岸」を使った例文と意味を解釈
  • 「湾岸」の類語や類義語


「湾岸」とは?意味

「湾岸」という表現は、「陸地に入り込んだ湾の沿岸部分・海沿いの陸地(海辺の土地)」のことを意味しています。

「湾岸」「湾(わん)」というのは「内陸部に入り込んだ海・海面」を意味する言葉であり、「湾+岸=湾岸」「内陸部に入り込んだ湾の周囲にある岸部・沿岸部」のことを意味しているのです。

  • 「湾岸」の読み方

「湾岸」の読み方

「湾岸」の読み方は、「わんがん」になります。



「湾岸」の表現の使い方

「湾岸」の表現の使い方を紹介します。

「湾岸」という表現は、「陸地に食い込んだ湾の沿岸」「内陸部に入り込んだ海沿いの岸部・土地」を指示して使うという使い方になります。

「ペルシャ湾(アラビア海)沿岸の略称」として、「湾岸」が使われることもあります。

特に、「湾岸戦争」「湾岸ミッドナイト」「首都高速湾岸線」というように、他の名詞と直接的に結びつけて使われる用例も多くなっています。

「湾岸」を使った例文と意味を解釈

「湾岸」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「湾岸」を使った例文1
  • 「湾岸」を使った例文2

「湾岸」を使った例文1

「首都高速湾岸線のカーブで、大幅に速度超過した車が曲がりきれずに大破しました」

この「湾岸」を使った例文は、「首都高速の中で湾の沿岸(海沿い)に位置する場所」という意味合いで、「湾岸」という表現を使っています。

「湾岸」を使った例文2

「この湾岸部では急速に高級住宅地の開発が進み、臨海都市として発展してきました」

この「湾岸」を使った例文は、「湾岸」という表現を、「(都市部にも近い)海沿いの土地・臨海部」という意味合いで使用しています。



「湾岸」の類語や類義語

「湾岸」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明します。

  • 「沿岸部・海浜」
  • 「海沿い・ウォーターフロント」

「沿岸部・海浜」

「湾岸」という表現は、「海が内陸部に入り込んだ湾の沿岸部分」「内陸部に食い込んだ海沿いの浜辺」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「湾岸」と非常に近い類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「沿岸部・海浜」という表現を上げることができます。

「海沿い・ウォーターフロント」

「湾岸」という言葉は、「海が陸地に入り込んだ湾における海沿いの沿岸部」「海岸沿いの土地・臨海部であるウォーターフロント」のことを意味しています。

これらの意味合いから、「海沿い・ウォーターフロント」の表現を、「湾岸」とほとんど同じような意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「湾岸」の表現には、「湾の沿岸(海が陸地に入り込んだ湾に近い沿岸部分)」などの意味があります。

「湾岸」の類語・類義語として、「沿岸部・海浜」「海沿い・ウォーターフロント」などがあります。

「湾岸」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。