意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「命の洗濯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「命の洗濯」という表現は、「日常生活に疲れ果てた人が気分転換や癒される活動をする際」に用いられますが、具体的にどのような意味を持っているのでしょうか?

「命の洗濯」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「命の洗濯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「命の洗濯」とは?意味
  • 「命の洗濯」の表現の使い方
  • 「命の洗濯」を使った例文と意味を解釈
  • 「命の洗濯」の類語や類義語


「命の洗濯」とは?意味

「命の洗濯」という表現は、「普段の苦労・束縛から解放されて、のんびり気ままに趣味・娯楽などを楽しむこと」を意味しています。

「命の洗濯」というのは、「疲れ果てて汚れた生命を洗濯するかのようにリフレッシュさせること」であり、「日常生活の苦労・ストレスから離れてのんびり保養したり娯楽を楽しんだりすること」を意味している表現なのです。

  • 「命の洗濯」の読み方

「命の洗濯」の読み方

「命の洗濯」の読み方は、「いのちのせんたく」になります。



「命の洗濯」の表現の使い方

「命の洗濯」の表現の使い方を紹介します。

「命の洗濯」の表現の使い方は、「普段の苦労・義務・ストレスから離れて、のんびり気ままに休養したり娯楽を楽しんだりする時」に使うという使い方になります。

例えば、「母は命の洗濯のために、家事や孫の世話から離れて、父と一緒に列車の旅に出かけました」といった文章で使用することができます。

「命の洗濯」を使った例文と意味を解釈

「命の洗濯」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「命の洗濯」を使った例文1
  • 「命の洗濯」を使った例文2

「命の洗濯」を使った例文1

「命の洗濯をするような機会もなく、私は日々の仕事のストレスや家事の負担に押しつぶされそうでした」

この「命の洗濯」を使った例文は、「日常生活の苦労・負担から離れて気晴らし・休養できるような機会もない」といった意味を持つ文脈で、「命の洗濯」の表現を使用しています。

「命の洗濯」を使った例文2

「学生時代は山岳部で登山を楽しんでいましたが、久しぶりに気ままな登山で命の洗濯をしてきました」

この「命の洗濯」を使った例文は、「命の洗濯」という表現を、「久しぶりに気ままな登山で普段の生活の束縛から解放されて、疲労・ストレスを癒してきた」という意味合いで使っています。



「命の洗濯」の類語や類義語

「命の洗濯」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「気晴らし・憂さ晴らし」
  • 「レクリエーション・リフレッシュ」

「気晴らし・憂さ晴らし」

「命の洗濯」という表現は、「普段の苦労・義務を忘れて気晴らしすること」「保養・娯楽を楽しんで、日常生活の憂さ・ストレスを晴らすこと」を意味しています。

その意味合いから、「命の洗濯」と非常に近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「気晴らし・憂さ晴らし」の表現を上げられます。

「レクリエーション・リフレッシュ」

「命の洗濯」という言葉は、「普段の生活の苦労・義務から自由になって、レクリエーションを楽しみ気分をリフレッシュさせること」を意味しています。

「レクリエーション」という表現は、「余興となる遊び・気分転換の娯楽」を意味しています。

「リフレッシュ」の言葉は、「精神・気分を回復させてすっきりすること」を意味しています。

その意味から、「命の洗濯」の類語として、「レクリエーション・リフレッシュ」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「命の洗濯」の表現には、「普段の苦労・ストレスから解放されて、のんびり保養して気晴らしをすること」などの意味があります。

「命の洗濯」の類語・類義語として、「気晴らし・憂さ晴らし」「レクリエーション・リフレッシュ」などがあります。

「命の洗濯」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。