意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「端緒」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「端緒」という表現は「私の成功の端緒になりました」「解決の端緒を開くことができました」などの文章で使われますが、「端緒」にはどのような意味があるのでしょうか?「端緒」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「端緒」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「端緒」とは?意味
  • 「端緒」の表現の使い方
  • 「端緒」を使った例文と意味を解釈
  • 「端緒」の類語や類義語


「端緒」とは?意味

「端緒」という表現は、「物事の始まり・きっかけ」「事柄の糸口・手がかり・発端」を意味しています。

「端緒」という言葉は、「ある物事の始まり・手がかりとなる部分」「ある行動をすることになったきっかけ(動機)・発端」のことを意味しているのです。

  • 「端緒」の読み方

「端緒」の読み方

「端緒」の読み方は、「たんしょ」あるいは慣用読みで「たんちょ」になります。



「端緒」の表現の使い方

「端緒」の表現の使い方を紹介します。

「端緒」という表現は、「ある物事の始まり・手がかりとなる部分」「ある行為のきっかけ・発端になった事柄」を指して使うという使い方になります。

例えば、「あの悲惨な事件の端緒になったのは、彼女の彼を侮辱する発言でした」「この新規事業はまだ端緒についたところです」といった文章で、「端緒」の表現を適切に使うことができます。

「端緒」を使った例文と意味を解釈

「端緒」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「端緒」を使った例文1
  • 「端緒」を使った例文2

「端緒」を使った例文1

「私たちの壮大なプロジェクトはまだ端緒に就いたばかりで、ここからが本番になってきます」

この「端緒」を使った例文では、「端緒」という表現を、「私たちの壮大なプロジェクトはまだ始まったばかりで」という意味合いで使用しているのです。

「端緒」を使った例文2

「困難な問題解決の端緒を開くために、私たちはありとあらゆる交渉の手段を駆使しました」

この「端緒」を使った例文は、「困難な問題解決の始まりを切り開くために(きっかけを作るために)」という意味合いで、「端緒」という表現を使っています。



「端緒」の類語や類義語

「端緒」の類語や類義語を紹介して、その意味を解説していきます。

  • 「契機・発端・糸口」
  • 「冒頭・発祥」

「契機・発端・糸口」

「端緒」という表現は、「ある物事の発生や問題解決の契機(きっかけ)・発端(はじまり)」「問題を解決するための手がかり(ヒント)になる糸口」を意味しています。

それらの意味合いから、「端緒」と近しい似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「契機・発端・糸口」という表現を上げることができるのです。

「冒頭・発祥」

「端緒」という表現は、「物事の始まり・とっかかり・最初の部分」のことを意味しています。

「冒頭」という言葉は「物事の始まり・文章の初めの部分」「発祥」という表現は「物事の起源・始まり」のことを意味しています。

その意味合いから、「端緒」とほとんど同じ似た意味を持つ類義語として、「冒頭・発祥」を指摘することができます。

icon まとめ

この記事で解説した「端緒」の表現には、「ある物事の始まり・手がかり」「ある行為の契機・きっかけ・動機」などの意味があります。

「端緒」の類語・類義語として、「契機・発端・糸口」「冒頭・発祥」などがあります。

「端緒」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。