意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「シズル感」とは?!意味や解説

この「シズル感」は、特定の業界ではとても大切になるものです。

シズル感

Meaning-Book
「シズル感」とは?!意味や解説>


目次

  • 「シズル感」とは?
  • 「シズル感」の概要


「シズル感」とは?

「シズル感」とは、「みずみずしさ」と要約できる言葉です。

このように表現すると解釈が難しいかも知れませんが、食品の広告や食品サンプルにおいては必須とも言える大切なものです。

要は、いかにそう見えるように表現できるかという言葉で、広告に使われる写真でこれを出すには撮影対象になる食品(本物とは限りません)と撮影技術に懸かっています。

食品サンプルの場合は、どれだけうまくそう表現して作れるかがポイントになります。



「シズル感」の概要

この「シズル感」は、その料理がいかにみずみずしく見えるかというポイントになる為、肉料理やフルーツを使った料理において大事にされているものです。

その肉料理の場合、鉄板で焼かれている瞬間を再現することが多く、飛び散る肉汁や煙などがうまく使われて表現されます。

フルーツの場合も、いかに新鮮なのかという点を強調して表現しなくてはいけない為、写真にしても、簡単に撮影できるものでもありません。

また、多くの場合で本当の食材ではなく、擬似のサンプルが利用されます。

例えば、粘土などで作ってステーキに見せかけたものが使用されるという具合です。

サンプルそのものになると、もっとハードルは上がり、その物自体を誰が見てもそう感じるように作らなくてはいけません。

写真であれば、何枚でも撮って、その中で一番そのように見えるものを採用すればいい訳ですが、サンプルではそのようなことができない為、熟練した職人による造形だけでなく、それに演出の専門家の手が加わることで完成という場合も多いです。

icon まとめ

「シズル感」は、本物そのものである必要はなく、それをうまく表現できれば模造品であっても構いません。

その為、あらゆる技術を駆使していかにこれが出せるかという工夫がされています。

時には物理的な加工だけでなく、CGが使われることさえあります。