意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「容喙」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「容喙」という表現は「知人が私の仕事に容喙してきました」「他人が容喙すると問題がこじれます」といった文章で使われますが、具体的にどのような意味を持っているのでしょうか?

「容喙」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「容喙」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「容喙」とは?意味
  • 「容喙」の表現の使い方
  • 「容喙」を使った例文と意味を解釈
  • 「容喙」の類語や類義語


「容喙」とは?意味

「容喙」という表現は、「他人の物事・問題などに対して、横から口出しすること」を意味しています。

「容喙」というのは、「その物事の当事者ではない人が、横から差し出がましく口ばしを入れて干渉すること」を意味している表現なのです。

  • 「容喙」の読み方

「容喙」の読み方

「容喙」の読み方は、「ようかい」になります。



「容喙」の表現の使い方

「容喙」の表現の使い方を紹介します。

「容喙」という表現は、「当事者ではない第三者が、他人の物事・問題・人間関係などに対して横から口出しする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「激しく対立している人間関係に容喙すれば、自分に火の粉が降りかかってくることもあります」といった文章で使用することができます。

「容喙」を使った例文と意味を解釈

「容喙」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「容喙」を使った例文1
  • 「容喙」を使った例文2

「容喙」を使った例文1

「友達が毎日深刻そうな顔つきをして悩んでいる姿を見て、自分が容喙しても良い問題なのかどうか私も迷っていました」

この「容喙」を使った例文は、「容喙」という表現を、「(第三者である)自分が横から口出しして助言しても良い問題なのかどうか迷う」という意味を持つ文脈で使用しています。

「容喙」を使った例文2

「これは私と彼の問題であって、無関係なあなたに容喙される筋合いはないですし、そこまで言われるのは迷惑です」

この「容喙」を使った例文は、「(私と彼の問題とは)無関係なあなたに横から差し出がまして口出しされたり干渉されたりする筋合いはない」という意味合いで、「容喙」という表現を使っています。



「容喙」の類語や類義語

「容喙」の類語や類義語を紹介します。

  • 「口出し・お節介」
  • 「介入・干渉」

「口出し・お節介」

「容喙」という表現は、「当事者ではないのに、その人の問題や事柄にお節介を焼いて口出しすること」を意味しています。

「お節介」という言葉は、「出しゃばって他人の世話を焼くさま」を意味しています。

その意味合いから、「容喙」と近しい類似した意味を持つ類語(シソーラス)として、「口出し・お節介」を指摘できます。

「介入・干渉」

「容喙」という言葉は、「第三者の立場で、他人の問題・物事に対して介入したり干渉したりすること」を意味しています。

「介入」とは「他人の問題に立ち入って関わること」「干渉」とは「他人の事柄に立ち入って自分の影響を及ぼそうとすること」を意味しています。

それらの意味から、「容喙」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「介入・干渉」を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「容喙」の表現には、「当事者ではない人が横から口出しして干渉すること」「横から口ばしを入れて関わろうとすること」などの意味があります。

「容喙」の類語・類義語として、「口出し・お節介」「介入・干渉」などがあります。

「容喙」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。