意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「募らせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「募らせる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「募らせる」という言葉を使った例文や、「募らせる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「募らせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「募らせる」とは?意味
  • 「募らせる」の表現の使い方
  • 「募らせる」を使った例文や短文など
  • 「募らせる」の類語や類義語・言い換え


「募らせる」とは?意味

「募らせる」には、「物事に対する感情が、どんどん強くなること」という意味があります。

  • 「募らせる」の読み方

「募らせる」の読み方

「募らせる」の読み方は、「つのらせる」になります。



「募らせる」の表現の使い方

「募らせる」の表現の使い方を紹介します。

「募らせる」には、「物事に対する感情が、どんどん強くなること」という意味があります。

そのため、何かに対する感情が次第に強くなっていると感じた時「募らせるという言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事が順調に運ばない時は、危機感を持つかもしれません。

その感情が、次第に強くなってきた時、「危機感を募らせる」と表現できます。

このように、物事への感情が次第に強くなった時、「募らせる」という言葉を使ってみましょう。

「募らせる」を使った例文や短文など

「募らせる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「募らせる」を使った例文1
  • 「募らせる」を使った例文2

「募らせる」を使った例文1

「離れて暮らすうちに、彼女への思いを『募らせる』」

この例文は、好意を抱いている女性がいる男性についての話になります。

初めは軽い好意だったはずなのに、長い間会わずに暮らしていたら、その間に彼女への好意が強くなっていたという意味があります。

会えない時間が愛を育てるというフレーズがありますが、このように、離れて暮らすことが、思いを「募らせる」こともあるでしょう。

「募らせる」を使った例文2

「時間外労働が多すぎて、社員は不満を『募らせる』」

この例文は残業が連日続く会社に勤めている人が、不満を持つ気持ちが次第に強くなっている様子を文章にしたものです。

初めての残業の日が、不満指数1だとしたら、一週間残業が続けば、不満指数7になるかもしれません。

このように、物事への感情が次第に強くなっていると感じた時「募らせる」という言葉を使ってみましょう。



「募らせる」の類語や類義語・言い換え

「募らせる」の類語や類似を紹介します。

  • 「思いを巡らす」【おもいをめぐらす】
  • 「妄想」【もうそう】

「思いを巡らす」【おもいをめぐらす】

「思いを巡らす」には「あれこれといろいろなことを考えること」という意味があります。

「将来について思いを巡らす」という言葉には、「自分の将来について、あれこれといろいろなことを考える」という意味があります。

「妄想」【もうそう】

「妄想」には、「実際には存在しないことを頭の中で根拠もなく、想像すること」という意味があります。

「アイドルとの結婚生活を妄想する」「宝くじが3億円当せんした時のことを、妄想する」などという使い方をします。

icon まとめ

「募らせる」という言葉について見てきました。

物事への感情が次第に強くなっていると感じた時、「募らせる」という言葉を使ってみましょう。