意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「身なり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「身なり」という表現は「身なりの良い紳士(ジェントルマン)」「身なりが立派なので目立っている」といった文章で使われますが、「身なり」にはどのような意味合いがあるのでしょうか?

「身なり」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「身なり」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「身なり」とは?意味
  • 「身なり」の表現の使い方
  • 「身なり」を使った例文と意味を解釈
  • 「身なり」の類語や類義語


「身なり」とは?意味

「身なり」という表現は、「その人物の服装・ファッション(見た目の装い)」「衣服を身につけた姿・体つき・スタイル(からだ全体の印象)」のことを意味しています。

「身なり」という言葉には、「衣服を身につけたある人を外部から見た様子・状態」といった意味合いがあるのです。

「身なり」という表現を漢字表記すると、「身形」になります。

  • 「身なり」の読み方

「身なり」の読み方

「身なり」の読み方は、「みなり」になります。



「身なり」の表現の使い方

「身なり」の表現の使い方を紹介します。

「身なり」という表現は、「その人物の服装・ファッション(外見的な装い)」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「ボロボロのみすぼらしい身なりをした男を見ていると、哀れな気持ちが湧き上がってきました」といった文章で使用することができます。

また「身なり」という言葉は、「衣服を身につけている時の外観的なスタイル・体つき」という意味合いでも使うことができるのです。

「身なり」を使った例文と意味を解釈

「身なり」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「身なり」を使った例文1
  • 「身なり」を使った例文2

「身なり」を使った例文1

「身なりの良いスーツ姿の老紳士から声を掛けられましたが、数日後、その老紳士が社長であることが分かりました」

この「身なり」を使った例文は、「服装の仕立てが良いスーツ姿」「外見的なイメージがしっかりしているスーツ姿」といった意味で、「身なり」という表現を使っています。

「身なり」を使った例文2

「彼女の素晴らしい身なりは、周囲にいる人たちの視線を反射的に釘付けにしていました」

この「身なり」を使った例文は、「身なり」という表現を、「彼女の素晴らしいスタイル・体つき・外見的なフォルム」といった意味合いで使用しています。



「身なり」の類語や類義語

「身なり」の類語や類義語を紹介します。

  • 「服装・装い」
  • 「背格好・スタイル」

「服装・装い」

「身なり」という表現は、「服装・ファッション」「衣服を着ている姿・衣服をつけた外見的な装い」を意味しています。

それらの意味合いから、「身なり」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「服装・装い」の表現を上げられます。

「背格好・スタイル」

「身なり」という言葉は、「外見的な背格好・衣服を身につけた状態での立ち姿」「からだつき・スタイル」のことを意味しています。

その意味合いから、「身なり」に近しい類似した意味を持つ類義語として、「背格好・スタイル」という表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「身なり」の表現には、「服装・ファッション(外見的な装い)」「衣服を身につけた姿・体つき・スタイル」などの意味があります。

「身なり」の類語・類義語として、「服装・装い」「背格好・スタイル」などがあります。

「身なり」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。