意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「座学」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「座学」という表現は、「座学で応用物理学を学びました」「座学と実地経験の両方が大切です」といった文章で使われますが、どのような意味を持っているのでしょうか?

「座学」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「座学」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「座学」とは?意味
  • 「座学」の表現の使い方
  • 「座学」を使った例文と意味を解釈
  • 「座学」の類語や類義語


「座学」とは?意味

「座学」という表現は、「教室(部屋)の椅子に座って、先生(教授)の講義を聞いたり教科書を読んだりして学ぶこと」を意味しています。

「座学」というのは、「実際に自分が行動する演習・訓練などの実技ではない、講義形式(先生の話を聞く形式)の学科・学習方法」を意味している表現なのです。

  • 「座学」の読み方

「座学」の読み方

「座学」の読み方は、「ざがく」になります。



「座学」の表現の使い方

「座学」の表現の使い方を紹介します。

「座学」という表現は、「教室の椅子に座って、先生(教授)の講義を聞いたり教科書を読んだりして学ぶ場合」に使うという使い方になります。

「座学」というのは、「実際的な訓練・演習・経験ではない、講義や読書で学ぶ机上の学問」といった意味で使える表現なのです。

例えば、「座学だけでは補うことのできない実地での経験というものがあります」といった文章で使用できます。

「座学」を使った例文と意味を解釈

「座学」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「座学」を使った例文1
  • 「座学」を使った例文2

「座学」を使った例文1

「医師としての本物の実力を高めていくためには、座学の理論・知識だけではなく臨床の経験も必要になってきます」

この「座学」を使った例文では、「座学」の表現を、「実際に患者を診療する経験・研修ではない、講義を聞いたり読書をしたりして学ぶ学問」という意味で使っています。

「座学」を使った例文2

「小さな頃から天才と呼ばれた軍師でしたが、座学の限界が露呈して、実戦のイレギュラーな状況に苦戦を強いられました」

この「座学」を使った例文は、「天才と呼ばれた軍師が、実際の経験を伴わない読書・講義で学ぶ学問や知識の限界を現した」という意味を持つ文脈で、「座学」という表現を使用しています。



「座学」の類語や類義語

「座学」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明します。

  • 「講義・読書」
  • 「机上の学問」【きじょうのがくもん】

「講義・読書」

「座学」という表現は、「教師(教授)の授業・講義を聞いて座ったまま学ぶこと」「教室(部屋)の椅子に座った状態で、主にテキストの読書を通じて学ぶこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「座学」と近しい類似した意味を持つ類義語として、「講義・読書」を指摘することができます。

「机上の学問」【きじょうのがくもん】

「座学」という言葉は、「実際にトレーニング・演習などを行うわけではない机上の学問」を意味しています。

「机上の学問」というのは、「実際に行動を通じて学ぶのではなく、机の上のテキストなどを通して学ぶ学問」を意味する表現です。

この意味合いから、「座学」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「机上の学問」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「座学」の表現には、「教室(部屋)で座って講義を聞いたり教科書を読んだりして学ぶこと」「演習・訓練などの実技ではない、講義形式の学科・学習法」などの意味があります。

「座学」の類語・類義語として、「講義・読書」「机上の学問」などがあります。

「座学」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。