意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「衛生観念」とは?!意味や解説

「衛生観念」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「衛生観念」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「衛生観念」とは?!意味や解説>


目次

  • 「衛生観念」とは?
  • 「衛生観念」の概要


「衛生観念」とは?

「衛生観念」というのは「身の回りの清潔さや健康維持、病気予防のための生活習慣に対する考え方」という意味になります。

つまり「清潔さに対する価値観」ということであり、人によって「衛生観念」は異なります。

例えば、トイレに行ったら絶対に手を洗わなければ気がすまないという人もいれば、実際にお店のトイレなどでも手を洗わずに出てくる人もいます。

1日に3回歯磨きをしたい人がいれば、一方で朝晩歯磨きをすれば良いと考える人もいます。

このように、「衛生観念」は人によって異なるのです。

  • 「衛生観念」の読み方

「衛生観念」の読み方

「衛生観念」「えいせいかんねん」と読みます。

日常的にも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「衛生観念」の概要

「衛生観念」というのは「清潔さに対する価値観」になります。

例えば、パジャマは毎日洗濯したいという人もいれば、2日に1度洗濯すれば良いのではないかと考える人もいます。

布団のシーツなども1週間に1度は洗った方が良いと言われていますが、中には1ヶ月ほど洗わなくても気にならない人もいるかもしれません。

このように、「衛生観念」は人によって異なりますし、国によっても大きな違いがあります。

例えば、日本は非常に清潔な国ですが、国によってはそこまで清潔ではないということも珍しくありません。

そのため、日本人は海外で病気になりやすいとも言われており、「衛生観念」の高さが逆に問題視されることもあるのです。

もちろん、手洗いやうがいが徹底され、インフルエンザなどにかかりにくいとも言われています。

icon まとめ

日本は「衛生観念」が非常に高い国だと言われています。

そのために病気が防げているところもありますので、手洗いやうがいなどは徹底していきたいものです。

特に冬場はインフルエンザなどにかかりやすいとも言われますので、注意が必要です。