意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「老いらくの恋」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「老いらくの恋」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「老いらくの恋」という言葉を使った例文や、「老いらくの恋」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「老いらくの恋」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「老いらくの恋」とは?意味
  • 「老いらくの恋」の表現の使い方
  • 「老いらくの恋」を使った例文や短文など
  • 「老いらくの恋」の類語や類義語・言い換え


「老いらくの恋」とは?意味

「老いらくの恋」には、「年老いてから恋愛」という意味があります。

  • 「老いらくの恋」の読み方

「老いらくの恋」の読み方

「老いらくの恋」の読み方は、「おいらくのこい」になります。

「老いらく」「おいらく」「恋」「こい」になります。



「老いらくの恋」の表現の使い方

「老いらくの恋」の表現の使い方を紹介します。

「老いらくの恋」には、「年老いてからの恋愛」という意味があります。

そのため、ある程度高齢になった男性や女性の恋愛を見た時、また自分がした時に、「老いらくの恋」という言葉を使ってみましょう。

「老いらく」には、「年老いてから」という意味がありますが、「年老いて」とは何歳くらいを指すでしょうか。

一般的には、60代中盤から70代に差し掛かるあたりを「年老いた」と感じるかもしれません。

そのため、70歳を過ぎた男女が、恋愛をしている様子を、「老いらくの恋」という言葉を使って表現してみましょう。

「老いらくの恋」を使った例文や短文など

「老いらくの恋」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「老いらくの恋」を使った例文1
  • 「老いらくの恋」を使った例文2

「老いらくの恋」を使った例文1

「『老いらくの恋』だと分かっているが、気持ちを止められない」

この例文に登場する人は、70歳以上の年老いた男性か女性になります。

このような年になって恋をするとは、恥ずかしいという気持ちを感じながら、その気持ちを止められないでいる様子が、文章から伝わってきます。

若い世代から見ると、祖父や祖母の年齢の人が恋をするとは思えませんが、その年齢になってみれば、20歳前後の頃と、それほど変わらないのかもしれません。

「老いらくの恋」を使った例文2

「『老いらくの恋』の方が、若い人の恋愛よりも激しい」

この例文には、高齢になってからの恋愛の方が、若い人の恋愛よりも、激しい恋愛が多いという意味があります。

実際に、高齢者同士が三角関係になり、一人の異性を複数の異性が奪い合うような、激しい恋愛の場面があるようです。

「老いらくの恋」は、思っているよりも激しい恋なのかもしれません。



「老いらくの恋」の類語や類義語・言い換え

「老いらくの恋」の類語や類似を紹介します。

  • 「老人の恋愛」【ろうじんのれんあい】
  • 「高齢者の恋」【こうれいしゃのこい】

「老人の恋愛」【ろうじんのれんあい】

「老人の恋愛」という言葉には、「年寄りの恋」という意味があります。

「老人の恋愛ほど、激しい」などという使い方をします。

「高齢者の恋」【こうれいしゃのこい】

「高齢者の恋」には「年老いた人の恋愛」という意味があります。

「高齢者の恋を見守る」「高齢者の恋を笑う」などという使い方をします。

icon まとめ

「老いらくの恋」という言葉について見てきました。

年老いてから恋愛している人を見た時、自分がすることになった時に、「老いらくの恋」という言葉を使ってみましょう。