意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「有り得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「有り得る」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「有り得る」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「有り得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「有り得る」とは?意味
  • 「有り得る」の表現の使い方
  • 「有り得る」を使った例文と意味を解釈
  • 「有り得る」の類語や類義語


「有り得る」とは?意味

「有り得る」とは存在する可能性が十分にある、あって当然だ、そう考えられるという意味で使います。

  • 「有り得る」の読み方

「有り得る」の読み方

「有り得る」の読み方は、「ありうる」になります。



「有り得る」の表現の使い方

「有り得る」の表現の使い方を紹介します。

「有り得る」とは存在する可能性が十分にある、考えられる、当然であるという意味で使います。

ですから、はっきりとわかっていないこと、確認がとれていないことに使うことが多いでしょう。

「大事な会議に遅刻することは、彼の場合なら有り得るケースだ」「またしても、裏切っている可能性が有り得る」という風に使います。

「有り得る」を使った例文と意味を解釈

「有り得る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「有り得る」を使った例文1
  • 「有り得る」を使った例文2

「有り得る」を使った例文1

「彼女が、また仕事をさぼったり、遊びに浪費している可能性は、有り得る」

「有り得る」とは、あることが考えられるという意味で使います。

例文の場合は仕事をさぼったり、遊びに浪費している可能性が考えられるという意味になるのです。

「有り得る」を使った例文2

「そんなこと、有り得るものか、適当なことを言うんじゃない」

「有り得る」とは存在する可能性が十分にある、考えられるという推測で使う言葉なのですが、例文の場合は「有り得るものか」と言っていますので「有り得ない」と否定していることになります。



「有り得る」の類語や類義語

「有り得る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「考えられる」【かんがえられる】
  • 「否定できない」【ひていできない】
  • 「可能性がある」【かのうせいがある】

「考えられる」【かんがえられる】

「考えられる」とは物事に対して、論理的に筋道を追って答えを出そうとする、導きだそうとすることを言います。

結論、判断、評価などを「こうではないか」と推測することを言います。

「退職することも考えられるな」「また良からぬことを企んでいるとも考えられるし、そう簡単に信用はできない」「考えられることは、全部言い尽くしたよ」などと使います。

「否定できない」【ひていできない】

「否定できない」とはそうではないと打ち消すことはできない、嘘であるとは言えないことを言います。

「はっきりと指摘されて何も否定できない自分がいた」「相手に非があることは否定できないが、だからと言ってそのやり方には賛成はできないよ」という風に使います。

「可能性がある」【かのうせいがある】

「可能性がある」とは物事が実現する見込みがある、事実、現実のものとなるかもしれないという意味で使います。

「彼女が一人で成功する可能性がある以上、繋がりは持っておいた方がいい」「彼が犯人である可能性があるんだ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「有り得る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。