意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「透明感」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「透明感」という言葉を耳にすると、どのような気持ちになるでしょうか?

この言葉には、とても爽快で限りなく純粋な雰囲気を感じさせてくれるフレーズがあります。

それだけにこの言葉が当てはまるシチュエーションは、とても美しいものがあります。

今回は、この「透明感」について考えて行くことにします。

Meaning-Book
「透明感」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「透明感」とは?意味
  • 「透明感」の表現の使い方
  • 「透明感」を使った例文と意味を解釈
  • 「透明感」の類語や類義語


「透明感」とは?意味

「透明感」とは、「物体の透き通った感じ」「濁りがなく限りなく明るい感じ」というような意味を持つ言葉です。

  • 「透明感」の読み方

「透明感」の読み方

「透明感」「とうめいかん」という読み方になりますので、ここでキチンと押さえておくようにしましょう。



「透明感」の表現の使い方

「透明感」「限りなく透き通った感じ」という意味がありますので、「ガラスの透明感をイメージしたルーム」「透明感が広がるような歌声」「透明感のある美しい肌」というように物や人の特徴を、美しさと純粋さをまじえて表現する時に使います。

「透明感」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「透明感」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンを眺めてみることにしましょう。

  • 「透明感」を使った例文1
  • 「透明感」を使った例文2

「透明感」を使った例文1

「宝石のような透明感と深い落ち着き感の併せ持ったガラスの壺が流行っている」

クリスタルガラスは、とても透き通っており、その美しさは見た人の心を魅了してしまいます。

これで作られた美術工芸品も、価値がとても高いことは言うまでもありませんが、その限りない「透明感」は、いつもすかすがしい光を放っています。

「透明感」を使った例文2

「先行き不透明感が高い経済環境では、どのような施策を打ち出しても、大きく好転することは望めない」

「透明感」の対義語として「不透明感」という言い回しがあります。

「まじり気が多く全く見通すことができない」という意味になりますが、経済環境をこの言葉で当てはめることで、先の予想が全くできないということを言っています。

特に国の施策や企業の努力があっても、停滞している状態から抜け出すことができない苦しい状態が、よく伝わってきます。



「透明感」の類語や類義語

「透明感」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「ピュアさ」
  • 「清澄感」【せいりょうかん】

「ピュアさ」

「ピュアさ」という言葉が「透明感」の解釈と共通するものがあります。

「まじり気がなく純粋なこと」「清純なこと」「高潔なこと」という意味で、人の性格も、この言葉で表現することができます。

「清澄感」【せいりょうかん】

「清涼感」も類義語として挙げることができますが、「清らかで澄みきっていること」という意味で使われます。

この語感には、とても爽やかな印象を覚えます。

icon まとめ

「透明感」という言葉には、とても清純で澄みきった空気が漂っている感じがあります。

「透明感のある人」と言われる人は、外見が美しく純粋なだけでなく、内面的なことでも、その清潔さがにじみ出ているイメージがあり、聞く人の心を気持ちよくさせてくれます。