意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛情表現」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「愛情表現」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「愛情表現」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「愛情表現」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愛情表現」とは?意味
  • 「愛情表現」の表現の使い方
  • 「愛情表現」を使った例文と意味を解釈
  • 「愛情表現」の類語や類義語


「愛情表現」とは?意味

「愛情表現」というのは愛を表現する行為を指します。

男性と女性の間では接吻や抱擁がなされることもありますし、幼い子供に対しても、高齢の人に対してもすることが可能です。

「愛情表現」には握手や接吻、抱擁や手をつなぐ行為が含まれ、それ以外にも単純に体に触れることやなれる、すり合わせる、などという行為も含まれています。

民族や文化によって異なることもあり、例えばベルギーでは握手の代わりにキスを3回する、という「愛情表現」があります。

  • 「愛情表現」の読み方

「愛情表現」の読み方

「愛情表現」の読み方は、「あいじょうひょうげん」になります。

日常的にも使える言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「愛情表現」の表現の使い方

「愛情表現」の表現の使い方を紹介します。

「愛情表現」というのは好意を表現するということであり、握手や手を繋いだりする行為が含まれます。

例えば、子供には積極的に「愛情表現」をして、子供を大切に思っているということを伝えておかなければいけません。

子供を抱っこしたり、手を繋いだりすることによって信頼関係が育まれ、子供のアイデンティティーが確立していくのです。

自分の気持ちを示すためにも「愛情表現」はとても大切だと考えられています。

「愛情表現」を使った例文と意味を解釈

「愛情表現」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「愛情表現」を使った例文1
  • 「愛情表現」を使った例文2

「愛情表現」を使った例文1

「子供には積極的に愛情表現をしてくださいね」

小さな子供には積極的な愛情表現をしていかなければいけません。

子供に愛情を見せることでその子供は親を信頼するようになり、そこで今後どの程度人を信頼できるか、ということが決まるのです。

特に母親との愛情がとても大切だと考えられており、母親との信頼関係が今後の人間関係を築きあげていくといっても過言ではありません。

そのため、子供には積極的に愛情を見せ、肌を触れ合わせることが大切だと考えられています。

「愛情表現」を使った例文2

「言葉だけではなく、愛情表現もしてほしいと思います」

女性の中には、恋人が愛情表現をしてくれないと不満を感じる人もいるのではないでしょうか。

例えば、もしも恋人が「大切にしている」「好きだ」などと言ってくれることなく、そして「愛情表現」も見せてくれないと、その人が自分のことをどのように思っているか不安になってしまうのではないでしょうか。

言葉で言わなくても通じる、ということもあるかもしれませんが、やはりしっかりと「愛情表現」で気持ちを見せてほしいと思います。



「愛情表現」の類語や類義語

「愛情表現」の類語や類義語を紹介します。

  • 「触れ合い」【ふれあい】
  • 「スキンシップ」【すきんしっぷ】

「触れ合い」【ふれあい】

「触れ合い」というのは縁あって人と知り合い、交わることやそのきっかけを指します。

心を通わせ合うことを指す場合もあり、例えば「心と心の触れ合いの場」「触れ合い広場」などと言われます。

「スキンシップ」【すきんしっぷ】

「スキンシップ」というのは互いの体や肌の1部を触れ合わせ、親密感や帰属感を高めて一体感を共有しあう行為を指す表現です。

抱きしめあったり、肌に軽く触れるという行為も「スキンシップ」といえます。

icon まとめ

好意を抱いている人には積極的に愛情表現していきたいものです。

気持ちは態度で見せる必要があります。