意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「あんぽんたん」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「あんぽんたん」という表現は「アホ・馬鹿・間抜け」と同じような意味を持つ俗語のニュアンスで使われていますが、具体的にどのような意味を持っているのでしょうか?「あんぽんたん」という言葉の「意味・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

あんぽんたん

Meaning-Book
「あんぽんたん」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「あんぽんたん」とは?意味
  • 「あんぽんたん」の表現の使い方
  • 「あんぽんたん」を使った例文と意味を解釈
  • 「あんぽんたん」の類語や類義語


「あんぽんたん」とは?意味

「あんぽんたん」という表現は、「間が抜けていて知性がないこと」「愚かで無意味なことをする人」を意味しています。

「あんぽんたん」は一般的に、「阿呆(アホ)・馬鹿(バカ)・間抜け(まぬけ)」と同じような意味を持つ俗語のニュアンスで用いられています。

「あんぽんたん」は漢字で「安本丹」と表記され、その語源は近世の上方で生まれた「阿呆」と愚か者を示す「だらすけ」が結合した「あほだら・あほんだら」にあるとされています。

また「安本丹」は、「反魂丹(はんごんたん)・萬金丹(まんきんたん)」という薬の名前から付けられたとも言われます。



「あんぽんたん」の表現の使い方

「あんぽんたん」の表現の使い方を紹介します。

「あんぽんたん」という表現は、「知性が低くて愚かな人やその人の行為」を指して使うという使い方になります。

例えば、「このあんぽんたんが、何をしているんだ?」といった軽い叱責・批判の言葉などで、この言葉を適切に使用することができます。

「あんぽんたん」を使った例文と意味を解釈

「あんぽんたん」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「あんぽんたん」を使った例文1
  • 「あんぽんたん」を使った例文2

「あんぽんたん」を使った例文1

「あんぽんたんな彼氏と一緒に行動していると恥ずかしいので、私から別れを告げることにしました」

この「あんぽんたん」を使った例文は、「知性の低い馬鹿・阿呆な彼氏」といった意味合いで、「あんぽんたん」という表現を使用しています。

「あんぽんたん」を使った例文2

「重要な場面であんぽんたんなところもあるけれど、そこが彼女の憎めないかわいさでもあると感じています」

この「あんぽんたん」を使った例文は、「重要な場面で間が抜けていて頼りにならないところもあるけれど」という意味を持つ文脈で、「あんぽんたん」という表現を使っています。



「あんぽんたん」の類語や類義語

「あんぽんたん」の類語や類義語を紹介します。

  • 「馬鹿・阿呆」
  • 「間抜け・愚か者」

「馬鹿・阿呆」

「あんぽんたん」という表現は、「愚かなことをするさまや人を示す馬鹿」「知性が低くて馬鹿げたことをするさまや人を示す阿呆」のことを意味しています。

その意味合いから、「あんぽんたん」とほとんど同じ意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「馬鹿・阿呆」を上げることができます。

「間抜け・愚か者」

「間抜け」という表現は、「考えが甘くてしっかりしていないさまや人」を意味しています。

「愚か者」の言葉は、「知性が低くて馬鹿な人」「間違ったこと・間抜けなことをする人」を意味しています。

その意味合いから、「間抜け・愚か者」という表現を、間が抜けていて愚かなさまを意味する「あんぽんたん」の類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で解説した「あんぽんたん」の表現には、「間抜けで愚かなこと・知性が低くてバカなことをする人」「馬鹿・阿呆(アホ)」などの意味があります。

「あんぽんたん」の類語・類義語として、「馬鹿・阿呆」「間抜け・愚か者」などがあります。

「あんぽんたん」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。