意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「途切れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「途切れる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「途切れる」という言葉を使った例文や、「途切れる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「途切れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「途切れる」とは?意味
  • 「途切れる」の表現の使い方
  • 「途切れる」を使った例文や短文など
  • 「途切れる」の類語や類義語・言い換え


「途切れる」とは?意味

「途切れる」には、「継続していたものが途中で途絶えること」という意味があります。

  • 「途切れる」の読み方

「途切れる」の読み方

「途切れる」の読み方は、「とぎれる」になります。



「途切れる」の表現の使い方

「途切れる」の表現の使い方を紹介します。

「途切れる」には「継続していたものが途中で途絶えること」という意味があります。

そのため、何か継続中だったもの、続いていたものが切れた時、「途切れる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、無遅刻無欠勤が続いていた社員が、遅刻してしまった時、続いていた記録が途中で切れることになります。

このような様子を、「無遅刻無欠勤が途切れる」と表現できます。

このように、続いていたものが途中で切れる様子を見た時、「途切れる」という言葉を使ってみましょう。

「途切れる」を使った例文や短文など

「途切れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「途切れる」を使った例文1
  • 「途切れる」を使った例文2

「途切れる」を使った例文1

「ランチ時が終わり、しばらく経った頃、ラーメン店の行列が『途切れた』」

この例文は、行列が途絶えないラーメン店についての文章になります。

このようないつでも行列があるような人気店ですが、ランチ時を終えて、しばらく時間が立てば、一時的に行列が切れることがあります。

このような様子を「行列が途切れる」と言います。

どのような人気店でも、このような時間帯があるため、狙って行けば、行列に並ばずに済むかもしれません。

「途切れる」を使った例文2

「飲み会が終盤に近づくころ、参加者の酔いが進み、会話が『途切れた』」

この例文は、飲み会でみんなが楽しく会話を続けていたものの、参加者が酔い、会話が続かなくなったという場面になります。

続いていた会話が切れる様子を、「会話が途切れる」と表現します。

このように、続いていたものが途中で切れる様子に対して、「途切れる」という言葉を使いましょう。



「途切れる」の類語や類義語・言い換え

「途切れる」の類語や類似を紹介します。

  • 「中断」【ちゅうだん】
  • 「休憩」【きゅうけい】

「中断」【ちゅうだん】

「中断」には、「継続しているものが中途で途切れること」という意味があります。

また「途中でやめること」という意味もあります。

「雨が降ってきたため、試合を中断する」という文章には、降雨を理由に続いている試合を、途中でやめるという意味があります。

「休憩」【きゅうけい】

「休憩」には「継続中の作業を一時やめて、少しの間休むこと」という意味があります。

「1時間ごとに休憩を取る」などという使い方をします。

icon まとめ

「途切れる」という言葉について見てきました。

続いていたものが、途中で切れる様子を見た時、「途切れる」という言葉を使ってみましょう。