意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「繋げる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「繋げる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「繋げる」という言葉を使った例文や、「繋げる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「繋げる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「繋げる」とは?意味
  • 「繋げる」の表現の使い方
  • 「繋げる」を使った例文や短文など
  • 「繋げる」の類語や類義語・言い換え


「繋げる」とは?意味

「繋げる」には、「複数の物事を結び付けて、一続きにすること」という意味があります。

  • 「繋げる」の読み方

「繋げる」の読み方

「繋げる」の読み方は、「つなげる」になります。



「繋げる」の表現の使い方

「繋げる」の表現の使い方を紹介します。

「繋げる」には、「複数の物事を結び付けて、連結すること」という意味があります。

そのため何かと何かを結び付けて、一続きにしている様子を見た時、「繋げる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、2本のロープを結び付けて、一続きにする時、「ロープを繋げる」と言います。

また、努力を成功に結びつけて、一続きにする時、「努力を成功に繋げる」「繋げる」を使って表現できます。

「繋げる」を使った例文や短文など

「繋げる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「繋げる」を使った例文1
  • 「繋げる」を使った例文2

「繋げる」を使った例文1

「飲み会で、会社の同僚と、学生時代の友達を『繋げる』」

この例文は、飲み会に会社の同僚と学生時代の友達を呼んで、一続きのグループにするという意味があります。

このように、複数の物事を結び付ける様子を「繋げる」と言います。

人間関係においても、友達と友達、男友達と女友達など、誰かと誰かを結び付ける時、「繋げる」という言葉を使ってみましょう。

「繋げる」を使った例文2

「穴に落ちた人を救出するため、紐を『繋げて』長くする」

この例文は穴に落ちてしまった人を救うため、何本かの紐を結びつけて長くしているという文章になります。

長くなった紐を穴に向かって投げて、落ちた人が紐を握ったら、上からひっぱり上げます。



「繋げる」の類語や類義語・言い換え

「繋げる」の類語や類似を紹介します。

  • 「結ぶ」【むすぶ】
  • 「結合」【けつごう】

「結ぶ」【むすぶ】

「結ぶ」には、「紐など、細長い物をつなぎ合わせる」という意味があります。

「紐と紐を結ぶ」という言葉には、紐を繋ぐという意味があります。

また「手の指を絡ませて、形を作る」という意味もあります。

「ロープを結ぶ」「印を結ぶ」などという使い方をします。

「結合」【けつごう】

「結合」には、「二つ以上のものが結びつ合わさること」という意味があります。

「原子が結合すると、分子になる」という言葉には、二つ以上の原子が結びついて、分子になるという意味があります。

「異なる金属を結合する」「細胞を結合する」などという使い方をします。

icon まとめ

「繋げる」という言葉について見てきました。

複数の物事を結び付けて一続きにする様子を見た時、「繋げる」という言葉を使ってみましょう。