意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一匹狼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一匹狼」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「一匹狼」という表現について詳しく紹介していきます。

一匹狼

Meaning-Book
「一匹狼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一匹狼」とは?意味
  • 「一匹狼」の表現の使い方
  • 「一匹狼」を使った例文と意味を解釈
  • 「一匹狼」の類語や類義語


「一匹狼」とは?意味

「一匹狼」というのは「仲間を求めず、自分自身の立場から独力で行動する人」を指しています。

群れから離れて単独で行動する狼という意味で、狼の社会における「一匹狼」からきた表現だと考えられます。

狼の社会は群れ社会で夫婦と未成熟の子供たちからなる家族が単位ですが、子供が成熟したら一匹狼になることが多いと言われています。

そこから、孤独を転んだり内向性の性格を持っているなどという理由で自発的に集団を離れて行動する人を「一匹狼」と呼びます。

  • 「一匹狼」の読み方

「一匹狼」の読み方

「一匹狼」の読み方は、「いっぴきおおかみ」になります。

日常会話でも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「一匹狼」の表現の使い方

「一匹狼」の表現の使い方を紹介します。

誰かと一緒にいなければ不安、などという人も多いのではないでしょうか。

しかし「一匹狼」は自分1人の世界を好むことも多く、必ずしも誰かと一緒にいなければいけないということがありません。

むしろ1人でも生きていくだけの力があり、1人の時間を好む傾向にあります。

友達がいないというわけではなく、1人でいることに居心地の良さを感じている人に対して「一匹狼」と言います。

「一匹狼」を使った例文と意味を解釈

「一匹狼」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一匹狼」を使った例文1
  • 「一匹狼」を使った例文2

「一匹狼」を使った例文1

「一匹狼の男性は魅力があります」

最近は一匹狼の男性に魅力を感じる女性が増えていると言われています。

周りに友達がいなければ何もできないなどということではなく、自分1人でも時間が楽しめる、ひとりでいても平気、という強さが女性たちを魅了していると考えられます。

確かに、1人で生きていける力がありそうな男性は強く、成功しそうに見えるかもしれませんね。

「一匹狼」を使った例文2

「彼女は昔から一匹狼でしたが、それなりに楽しそうです」

周りに友達がいなければ不安だ、という人もいるかもしれませんね。

しかし、中にはひとりでいる方が気楽、という人も存在します。

友達がいない、一緒にいる人がいない、などというわけではなく、ひとりでいる時間を楽しめる人々、と言えるでしょうか。

自分の世界を持っている人は「一匹狼」になりやすいところがあり、その時間を満喫しているかもしれません。



「一匹狼」の類語や類義語

「一匹狼」の類語や類義語を紹介します。

  • 「独りぼっち」
  • 「村八分」

「独りぼっち」

「独りぼっち」というのは「仲間や友達がおらず、1人でいること」を指しています。

「天涯孤独」と言われることもあります。

「村八分」

「村八分」というのは「村落の中において掟や秩序を破った人に対して課される制裁行為」の1つです。

一定の地域に住んでいる人々が結束して交流を絶つことを指します。

icon まとめ

「一匹狼」という表現は日常会話でも使われますね。

意味をよく理解しておきましょう。