意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一巡」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「一巡」という言葉を色々なシチュエーションで聞いたり、実際に使った経験をお持ちかと思います。

この言葉は、1つのサイクルが周り、新たなステップアップするようなイメージがあるのですが、どのような意味があり、具体的な使い方はどのようになっているか、よく分からないこともあるかもしれません。

そこで今回は、この「一巡」について考えて行くことにします。

一巡

Meaning-Book
「一巡」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一巡」とは?意味
  • 「一巡」の表現の使い方
  • 「一巡」を使った例文と意味を解釈
  • 「一巡」の類語や類義語


「一巡」とは?意味

「一巡」とは「ひとめぐりすること」「ひとまわり」というような意味を持つ言葉です。

  • 「一巡」の読み方

「一巡」の読み方

「一巡」「いちじゅん」という読み方をしますが、決して難しくなるので、読むことはありませんので、確認する程度で理解しておきましょう。



「一巡」の表現の使い方

「一巡」「一巡りすること」という意味がありますので、月日が経って再び翌年を迎えるような場合や、1つのサイクルの中での作業で、また同じことを繰り返すような時に使われることになります。

「一巡」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「一巡」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「一巡」を使った例文1
  • 「一巡」を使った例文2

「一巡」を使った例文1

「対策本部長が、区域内を一巡して、被害の状況把握に努めた」

「一巡」という言葉は、ある一定のエリアをグルリと見て回る時にも使われています。

この例文では、台風や地震などの災害で多くの被害を受けたエリア内を「一巡」することで、詳細な実態把握をすることに努めています。

これも早急な復旧作業に移るための重要な仕事の1つです。

「一巡」を使った例文2

「早いものだなあ。師走が終わってもう1年が終わる。あっという間に一巡したね」

時が経つのが早く感じられるこの頃です。

特に歳を重ねると、1年が「一巡」するスピードがとても早くなりますが、現代社会はインターネットなどの普及もあり、情報スピードもますます速くなっていますので、昔よりもさらに感覚的に早く過ぎ去る感じはするのでしょう。



「一巡」の類語や類義語

「一巡」を他の言葉に言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「一周」【いっしゅう】
  • 「巡回」【じゅんかい】

「一周」【いっしゅう】

「一周」という言葉が「一巡」に近い意味を持つ類義語として挙げることができるでしょう。

「コースを1回回る動き」のことを指してきますが、陸上競技のようにトラックを「一周」するケースだけなく、1つのサイクルが回ることでも使われる表現です。

「巡回」【じゅんかい】

「巡回」という言葉も類義語として使うことができる言葉で、「ある目的のため各地を回り歩くこと」「見てまわること」という意味で「地域巡回」「巡回コース」というような言葉で、使われています。

icon まとめ

「一巡」という言葉を意味や使い方を見てきましたが、この言葉が使われるケースはある程度絞られるかもしれません。

それだけに適切な場面でスムーズに使いこなせるようにしておきましょう。