意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「異空間」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「異空間」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「異空間」という言葉を使った例文や、「異空間」の類語を紹介して行きます。

異空間

Meaning-Book
「異空間」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「異空間」とは?意味
  • 「異空間」の表現の使い方
  • 「異空間」を使った例文や短文など
  • 「異空間」の類語や類義語・言い換え


「異空間」とは?意味

「異空間」には、「普段暮らしている世界とは、別の空間」という意味があります。

また「異質な空間」という意味があります。

  • 「異空間」の読み方

「異空間」の読み方

「異空間」の読み方は、「いくうかん」になります。



「異空間」の表現の使い方

「異空間」の表現の使い方を紹介します。

「異空間」には「普段暮らしている世界とは、別の空間」「異質な空間」という意味があります。

そのため、そのような異質な空間を見つけた時、「異空間」という言葉を使ってみましょう。

例えば、海外旅行に行って、ある路地に入った時、いつもとはまるで違う空間を見つけられるかもしれません。

このような、普段暮らしている世界とはまるで違う空間を「異空間」と呼びます。

「海外の路地は、異空間のようだった」などと言います。

このように、異質な空間だと感じた時、「異空間」という言葉を使ってみましょう。

「異空間」を使った例文や短文など

「異空間」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「異空間」を使った例文1
  • 「異空間」を使った例文2

「異空間」を使った例文1

「SF映画を見ていたら、近未来の『異空間』が見事に描かれていた」

この例文のように、SF映画では、近未来の街が描かれます。

普段暮らしている世界とはまるで違う、別の世界が見事に描かれていると、その世界に没入しやすく、映画を面白いと感じやすいかもしれません。

このような近未来の別世界などを、「異空間」と呼びます。

「異空間」を使った例文2

「深夜に街を歩いていたら、住み慣れた街なのに『異空間』のようだった」

この例文は、帰りが遅くなり、深夜の街を歩いていた人が、自分の住む街なのに、いつも暮らしている街とはまるで違うように感じたという場面になります。

このように、天候や時間帯により、街はまるで違う顔を見せることがあります。

住み慣れた街が「異空間」のように思えることもあるでしょう。



「異空間」の類語や類義語・言い換え

「異空間」の類語や類似を紹介します。

  • 「別世界」【べつせかい】
  • 「異次元」【いじげん】

「別世界」【べつせかい】

「別世界」には、「地球以外の世界」という意味があります。

また「現実とはかけ離れた環境」という意味があります。

「夏なのに、標高が高い街は、別世界のように涼しい」などと言う使い方をします。

「異次元」【いじげん】

「異次元」には、「異なる次元」という意味があります。

また「通常とは全く異なる考え方」を比喩的に、「異次元」と言います。

「異次元の発想」などと言う使い方をします。

icon まとめ

「異空間」という言葉について見てきました。

普段生活している世界とは別の空間について話す時、「異空間」という言葉を使ってみましょう。