意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「薄暗い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「薄暗い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「薄暗い」という言葉を使った例文や、「薄暗い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「薄暗い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「薄暗い」とは?意味
  • 「薄暗い」の表現の使い方
  • 「薄暗い」を使った例文や短文など
  • 「薄暗い」の類語や類義語・言い換え


「薄暗い」とは?意味

「薄暗い」には「ほのかに暗い」とい意味があります。

また「光が少なくて、物が良く見えない様子」という意味もあります。

  • 「薄暗い」の読み方

「薄暗い」の読み方

「薄暗い」の読み方は、「うすぐらい」になります。



「薄暗い」の表現の使い方

「薄暗い」の表現の使い方を紹介します。

「薄暗い」には「ほのかに暗い」という意味があります。

そこで、「暗い」まではいかない、「ほのかに暗い」様子の場所に行った時などに、「薄暗い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、昼なのに厚い雲が空を覆っている時は、部屋の中がほのかに暗くなります。

このような時、「薄暗い部屋」などと、部屋の様子を「薄暗い」を使って表現してみましょう。

「薄暗い」を使った例文や短文など

「薄暗い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「薄暗い」を使った例文1
  • 「薄暗い」を使った例文2

「薄暗い」を使った例文1

「あまり目が良くないため、『薄暗い』部屋では、本が読めない」

この例文はあまり視力が良くない人についての文章になります。

目が良くないと、十分な光の下でしか、読書を楽しめません。

そのためこの例文には「ほのかに暗い部屋」では、読書ができないという意味があります。

「薄暗い」を使った例文2

「目が覚めると『薄暗い』ため、まだ夜明け前だと感じる」

この例文のように、夜明け前は、深夜のように暗くなくても、「ほのかに暗い」ものです。

このような状況を「薄暗い」と表現します。

他にも、夕日が沈む前後の時間は、「薄暗い」状態になりやすいでしょう。



「薄暗い」の類語や類義語・言い換え

「薄暗い」の類語や類似を紹介します。

  • 「ほの暗い」【ほのぐらい】
  • 「暗い」【くらい】

「ほの暗い」【ほのぐらい】

「ほの暗い」には「視界がぼんやりするような暗さ」という意味があります。

物があまり見えないくらいの明るさの時、「ほの暗い」という言葉を使ってみましょう。

「ほの暗い教室」「ほの暗い、寝室」などという使い方をします。

「暗い」【くらい】

「暗い」には「光の量が少なく、物が良く見えない状態」という意味があります。

「電球が切れて、部屋が暗い」「夜道は暗い」などという使い方をします。

また「気持ちが晴れ晴れしない」という意味もあり、「フラれて暗い気持ちになる」という言葉には、「異性にフラれてしまって、気持ちが晴れ晴れしない」という意味があります。

他にも「性格が暗い」「暗い気持ちになる」などという使い方をします。

icon まとめ

「薄暗い」という言葉について見てきました。

部屋や建物の中が、ほのかに暗いと感じた時、「薄暗い」という言葉を使ってみましょう。