意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一員」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一員」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一員」という言葉を使った例文や、「一員」の類語を紹介して行きます。

一員

Meaning-Book
「一員」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一員」とは?意味
  • 「一員」の表現の使い方
  • 「一員」を使った例文や短文など
  • 「一員」の類語や類義語・言い換え


「一員」とは?意味

「一員」という言葉には、「団体を構成する一人の人」という意味があります。

  • 「一員」の読み方

「一員」の読み方

「一員」の読み方は、「いちいん」になります。



「一員」の表現の使い方

「一員」の表現の使い方を紹介します。

「一員」には「団体を構成する一人の人」という意味があります。

そのため、ある団体に所属する一人の人について話す時、「一員」という言葉を使ってみましょう。

例えば、サーカス団に所属しているピエロ役の人は、サーカスという団体を構成する一人の人になります。

そのため、「ピエロはサーカス団の一員だ」「一員」という言葉を使って説明できます。

このように、会社や学校、クラブにいる一人の人に対して、「一員」という言葉を使ってみましょう。

「一員」を使った例文や短文など

「一員」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一員」を使った例文1
  • 「一員」を使った例文2

「一員」を使った例文1

「私はこのクラスの『一員』であるが、友達が一人もいない」

この例文は、自分はクラスを構成する一人だという自覚はあるものの、友達がいないという現実を認識している人についての文章になります。

このように、団体の一員であっても、他のメンバーとそれほど接点がない人もいるでしょう。

「一員」を使った例文2

「サークルの『一員』として恥ずかしくない態度を取る」

この例文は、サークル活動をしている人が、自分が所属するサークルの一人の人として、恥ずかしくないような態度を取ろうとしているという意味があります。

例えば、ゴミを道に捨てない、高齢者に失礼な態度を取らないなど、きちんとした行動を取ろうとしているのかもしれません。

このように、「一員」という認識があれば、団体に迷惑を掛けないという意識も生まれるかもしれません。



「一員」の類語や類義語・言い換え

「一員」の類語や類似を紹介します。

  • 「メンバー」
  • 「加入者」【かにゅううしゃ】
  • 「団員」【だんいん】

「メンバー」

「メンバー」には、「集団の一員」という意味があります。

また「そこに集まる面々」という意味もあります。

「ファストフード店に、いつものメンバーが集まる」という言葉には、あるファストフード店にいつもの面々が集まっているという意味があります。

「クラブのメンバー」「メンバーをそろえる」などという使い方をします。

「加入者」【かにゅううしゃ】

「加入者」には、「団体や組織に加入した人」という意味があります。

「保険の加入者」「電話の加入者」などという使い方をします。

「団員」【だんいん】

「団員」には、「団体を構成する人」「団に所属する人」という意味があります。

例えば「少年団」に所属する人は、「少年団の団員」になります。

「消防団の団員」「劇団の団員」など、「団」を称する組織の構成員を「団員」と言います。

icon まとめ

「一員」という言葉について見てきました。

団体を構成する一人の人を見た時、「一員」という言葉を使ってみましょう。