意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取り扱う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「取り扱う」という表現は、2つの意味で使われますが、どちらで使っているのか分かりにくいということもない為、難しい言葉でもありません。

Meaning-Book
「取り扱う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取り扱う」とは?
  • 「取り扱う」の表現の使い方
  • 「取り扱う」を使った例文と意味を解釈
  • 「取り扱う」の類語や類義語


「取り扱う」とは?

「取り扱う」の1つ目の意味は、動かしたり使うことで、「機械を取り扱う」などという使い方になります。

この場合はその機械を動作させる表現になり、「スマホの取り扱いには~」のような使われ方では、使うこととして用いられています。

もう1つの意味は、受け持つ、担うという解釈で、「その分野を取り扱っている」とすると、その分野の受け持ちだと言っているのと同じです。

  • 「取り扱う」の読み方

「取り扱う」の読み方

「取り扱う」の読み方は、「とりあつかう」になります。

「取扱う」としても一緒で、上の「取り扱い」のように少し形を変えて使われることも多い言葉で、「取扱」と表記された時には「とりあつかい」と読んでください。

「取扱説明書」といった使われ方が有名で、最初の意味の通り、正しく動かしたり使う為の説明書のことです。



「取り扱う」の表現の使い方

「取り扱う」の表現の使い方を紹介します。

先のような2つの意味のある言葉ですが、主にどちらで使われているということもない為、両方の意味をきちんと覚えておく必要があります。

少し形を変えて使うことができる点と、どちらの意味なのかは前後の文脈からすぐに分かるので、いろいろな場面で用いやすい言葉です。

「取り扱う」を使った例文と意味を解釈

「取り扱う」を使った例文と、その意味の解釈です。

2つの意味で使っている例をそれぞれ挙げていきます。

  • 「取り扱う」を使った例文1
  • 「取り扱う」を使った例文2

「取り扱う」を使った例文1

「それをうまく取り扱うのは、かなり熟練した人でも難しいだろう」

動かす、使うの方の意味で使っている例です。

「取り扱いが難しい」のような使われ方は、全てこちらの意味で解釈してください。

「取り扱う」を使った例文2

「駅の向こうにブランド品を取り扱う店ができたようだ」

ブランド品の販売や買取を行うお店が駅の向こうにできたらしいと言っています。

何かの受け持ち、担っているという解釈での使い方はこのような例になります。



「取り扱う」の類語や類義語

「取り扱い」の類語や類義語を紹介します。

2つの意味のそれぞれの類語です。

  • 「操作する」【そうさする】
  • 「担当する」【たんとうする】

「操作する」【そうさする】

動かしたり、使うという意味での使い方は、この「操作する」で置き換えることができます。

「この機械の取り扱いについて~」は、この言葉を使って「~の操作について」のように言い換えられます。

「担当する」【たんとうする】

「この窓口では外貨を取り扱っている」と使っている例は、そこれが外貨の担当窓口だと言っているのと同じです。

こちらも受け持つ、担うの意味の言い換えによく使われています。

icon まとめ

「取り扱う」は、どちらの意味でも広く使うことができます。

その為、様々なシチュエーションで見聞きする言葉です。