意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怨まれる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

映画や小説の中で「怨まれる」という言葉が使われていることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

怨まれる

Meaning-Book
「怨まれる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「怨まれる」とは?意味
  • 「怨まれる」の表現の使い方
  • 「怨まれる」を使った例文と意味を解釈
  • 「怨まれる」の類語や類義語


「怨まれる」とは?意味

「怨まれる」の意味は「人から強く憎まれること」です。

他人から、自分が相手に対して酷いことや不利益をもたらす様なことをしたと根に持たれて、非常に強い憎悪の気持ちを抱かれることを言います。

ただ不快に思われるだけではなく、不幸になればいいと思われている意味も含みます。

  • 「怨まれる」の読み方
  • 「怨まれる」の漢字の成り立ち
  • 「怨む」と「恨む」の違い

「怨まれる」の読み方

「怨まれる」の読み方は、「うらまれる」になります。

難しい漢字ではないので覚えておきましょう。

「怨まれる」の漢字の成り立ち

「怨」という漢字は非常に縁起の悪いイメージがありますが、漢字の成り立ちがそれを表しています。

「怨」「会意兼形声文字」で、「月が半分見える象形」+「ひざまずく人の象形」+「心臓の象形」で構成されています。

この象形から、「身を曲げて伏す」「思い詰める」「うらむ」で、「ひどい扱いをした相手から許して貰えず嫌われ続けること」という意味の漢字になりました。

「怨む」と「恨む」の違い

「怨まれる」「怨む」の受け身形ですが、似た意味の言葉に「恨む」があります。

この2つには使分けがあります。

「怨む」「誰かを憎悪する」という意味があります。

自分に対して酷い仕打ちをした人に対して仇に思うことを表します。

「恨む」「不満に感て嘆く」という意味があります。

不幸な境遇や嫉妬を感じた時などに恨めしく思うことを表します。



「怨まれる」の表現の使い方

「怨まれる」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方

文法的な使い方

「怨まれる」は受け身形の動詞で、相手から憎まれている時に使われます。

受け身形と尊敬語が同じ形の動詞もありますが、「怨まれる」は尊敬語としてはまず使われないと思って良いでしょう。

副詞として「怨まれて」と使ったり、形容詞として「怨まれる筋合い」などとして使われます。

「怨まれる」を使った例文と意味を解釈

「怨まれる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「怨まれる」を使った例文1
  • 「怨まれる」を使った例文2

「怨まれる」を使った例文1

「元カノから怨まれる覚えはない」

別れた彼女が自分に対して憎悪の気持ちを持っているのですが、円満に別れたと思っているので納得できないことを表しています。

「怨まれる」を使った例文2

「ここで失敗したら皆に一生怨まれる」

ビジネスで大チャンスが訪れています。

もしも失敗すると部署の皆から嫌われてしまうだろうと思い一生懸命頑張っています。



「怨まれる」の類語や類義語

「怨まれる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「目の敵にされる」【めのかたきにされる】
  • 「忌み嫌われる」【いみきらわれる】

「目の敵にされる」【めのかたきにされる】

「自分が相手に対して危害を加える存在として見られていること」という意味です。

「忌み嫌われる」【いみきらわれる】

「まるで汚れているかの様に嫌って避けられること」という意味です。

icon まとめ

「怨まれる」「人から強く憎まれること」という意味です。

相手の態度が冷たい、とげとげしいと思った時に使ってみましょう。