意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一文無し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一文無し」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「一文無し」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「一文無し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一文無し」とは?意味
  • 「一文無し」の表現の使い方
  • 「一文無し」を使った例文と意味を解釈
  • 「一文無し」の類語や類義語


「一文無し」とは?意味

「一文無し」というのは所持金が全然ないという意味になります。

全くお金を持っていないことや全くお金を持っていない人を指しており、「無一文」と言われることもあります。

例えば、貯金がなくて仕事をしていない人などを「一文無し」などということがありますね。

「一文」というのはわずかなお金、ほんのちょっとのお金、という意味です。

  • 「一文無し」の読み方

「一文無し」の読み方

「一文無し」の読み方は、「いちもんなし」になります。

小説などでよく出てくる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「一文無し」の表現の使い方

「一文無し」の表現の使い方を紹介します。

所持金が全くない人のことを「一文無し」ということがあります。

例えば、大学生の中でもアルバイトなどをしておらず、仕送りのお金なども全て使い切ってしまって自由になるお金がない場合、「一文無しだから」などと表現することがあります。

小説などでは所持金がなく、家や貯金もない人に対して「一文無し」と表現することがありますね。

現実社会で使われる事はあまりないかもしれませんが、小説ではよく出てくる言い回しです。

「一文無し」を使った例文と意味を解釈

「一文無し」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一文無し」を使った例文1
  • 「一文無し」を使った例文2

「一文無し」を使った例文1

「祖母が学生の頃、一文無しで大変だったそうです」

昔の人は、今よりもお金に苦労することが多かったかもしれませんね。

最近の大学生はアルバイトをすることが当たり前のようになっていますが、かつてはそのような事はありませんでした。

そもそも家計を助けるために学校にも行かなかったなどという事は珍しくなく、そもそも全然お金がなくて苦労をした、という人たちも存在します。

「一文無し」を使った例文2

「今月は一文無しなので、飲み会はパスします」

大学生や社会人などの場合、飲み会をしようと誘われることもあるかもしれません。

しかし、お金がなければそもそも飲み会などには行けないですよね。

居酒屋などにもよりますが、飲み会に行けば数千円の出費になりますから、もったいないと考える人もいるのではないでしょうか。

もしも苦しいと思った場合、たとえ大げさな表現であったとしても「お金がない」「出費が厳しい」という意味で「一文無し」と表現できます。



「一文無し」の類語や類義語

「一文無し」の類語や類義語を紹介します。

  • 「すっからかん」
  • 「一銭もない」【いっせんもない】

「すっからかん」

「すっからかん」というのは全く空っぽな様、何一つ残らないこと、という意味です。

空っぽで中身がない時に使われ、「すっからかんの財布」などと言われます。

「一銭もない」【いっせんもない】

「一銭もない」という表現も所持金が全くないという意味です。

「お金が一銭もないです」などと表現します。

icon まとめ

「一文無し」という表現は日常的に使う言葉ではありませんが、ぜひ覚えておきたい言い回しです。

小説などで使われますので、教養として知っておきたいものです。