意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余り物」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「余り物」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「余り物」という表現について詳しく紹介していきます。

余り物

Meaning-Book
「余り物」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「余り物」とは?意味
  • 「余り物」の表現の使い方
  • 「余り物」を使った例文と意味を解釈
  • 「余り物」の類語や類義語


「余り物」とは?意味

「余り物」というのは「余分にあるものや余っていて当面は使う必要のないもの」という意味になります。

不必要になったものやいらないものを指すこともあり、食べ残した残り物を指すこともあります。

例えば、夕食を作るとどうしても家族で食べきれず余ってしまった、残ってしまった、などという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

それは残り物であり、「余り物」ということになります。

  • 「余り物」の読み方

「余り物」の読み方

「余り物」の読み方は、「あまりもの」になります。

料理などでもよく使われる表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「余り物」の表現の使い方

「余り物」の表現の使い方を紹介します。

「余り物」は特に食事の残りに対して使われることが多いかもしれません。

食事を作ると食べきれず、残ってしまったということがありますよね。

そのため、翌日の朝食は前日の夜の「余り物」だった、「余り物」をリメイクして翌日の夕食に使う、などということもあるのではないでしょうか。

例えば肉じゃが残ってしまったら、その「余り物」を使ってコロッケを作る、カレーにする、などということが可能ですね。

「余り物」を使った例文と意味を解釈

「余り物」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「余り物」を使った例文1
  • 「余り物」を使った例文2

「余り物」を使った例文1

「それは余り物なので、持ち帰っていいですよ」

不必要なものが出た場合、捨てるのももったいないために関係者が持ち帰るということもあるかもしれませんね。

持ち寄りパーティーなどをした時、食事やお皿、スプーンやフォークが余ってしまった、とっておいても仕方がないし捨てるのももったいないから持ち帰ろう、ということになるかもしれません。

リサイクルも大切ですので、いらないから捨てる、という事はしないようにしたいものです。

「余り物」を使った例文2

「母は余り物を上手にリメイクして食事をつくります」

食事が余ってしまった時、それをリメイクできると良いですよね。

確かに、余らないように食事を作ることが大切ですが、場合によっては余ってしまうこともあります。

その場合、無理矢理食べるのももったいないですので、うまくリメイクできれば食材が無駄になりませんね。

同じものだと嫌になってしまうけれど、リメイクされたものであれば食べやすいと感じる人もいるのではないでしょうか。



「余り物」の類語や類義語

「余り物」の類語や類義語を紹介します。

  • 「残り」【のこり】
  • 「不要なもの」【ふようなもの】

「残り」【のこり】

「残り」というのは「残ること」を指します。

あるいは「残ったもの」を指すこともあり、例えば「残りの仕事を片付けましょう」のように使われます。

「不要なもの」【ふようなもの】

「不要なもの」というのは「いらないもの」という意味になります。

家を掃除する時にも「不要なものは捨てたい」と感じる人もいるかもしれませんね。

icon まとめ

「余り物」という表現は日常的にも使えますので覚えておきましょう。

「余り物」を無駄にしないような生活を心がけたいですね。