意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面談」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「面談」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面談」という言葉を使った例文や、「面談」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「面談」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「面談」とは?意味
  • 「面談」の表現の使い方
  • 「面談」を使った例文や短文など
  • 「面談」の類語や類義語・言い換え


「面談」とは?意味

「面談」には、「事前に話す内容が決まっている事を直接面会して、話をすること」という意味があります。

例えば「三者面談」は、生徒と先生、親の三人が面会して、直接話をすることという意味があります。

  • 「面談」の読み方

「面談」の読み方

「面談」の読み方は、「めんだん」になります。



「面談」の表現の使い方

「面談」の表現の使い方を紹介します。

「面談」には「方向性などのすり合わせを行うため、直接面会して話をすること」という意味があります。

そのため、誰かと面会して、直接話をする時に、「面談」という言葉を使ってみましょう。

例えば上司に話がある時、ネットなどを通じてではなく、直接会って話をする時に、「面談」という言葉を使ってみましょう。

「面談」を使った例文や短文など

「面談」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「面談」を使った例文1
  • 「面談」を使った例文2

「面談」を使った例文1

「転職を考えて、様々な会社の人事担当者と『面談』する」

この例文は、転職を考えている人が、様々な業界の色々な会社の人と、会って話を聞いているという文章になります。

思い込みで転職すると、後で想像と違っていたと後悔することになるかもしれないため、人事担当者などと「面談」して、聞きたいことを全て聞くことが大切かもしれません。

「面談」を使った例文2

「年に数回、上司と『面談』し、悩みなどを打ち明ける機会がある」

この例文のような会社に勤めている人もいるでしょう。

年に一度、あるいは半年に一度、上司と直接会って話をして、悩みを相談したり、キャリアアップのためのアドバイスを聞ける制度を作っている会社があります。

普段話しているつもりでも、きちんと「面談」の場を設けることは、腹を割った話をするために大切かもしれません。



「面談」の類語や類義語・言い換え

「面談」の類語や類似を紹介します。

  • 「面会」【めんかい】
  • 「面接」【めんせつ】

「面会」【めんかい】

「面会」には「人と直接会うこと」という意味があります。

「先生と面会して、子供の話を聞く」という文章には、先生と会って、子供の話を聞くという意味があります。

「面会謝絶」という言葉には、病気などが重いため、当面は会うことは絶対にできないという意味があります。

「面接」【めんせつ】

「面接」という言葉には、「面会し直接会って対話をし、人物像とその能力を見聞きする」という意味があります。

「就職のため、面接を受ける」という文章には、その会社に就職するため、人事担当者とあって、能力や人柄などを、見たり聞いたりされるという意味があります。

「面接試験」「集団面接」などという使い方をします。

icon まとめ

「面談」という言葉について見てきました。

直接会って、誰かと話をする時に、「面談」という言葉を使ってみましょう。