意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝言」とは?意味や使い方!例文や解釈

「伝言」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「伝言」という言葉を使った例文や、「伝言」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「伝言」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「伝言」とは?
  • 「伝言」の表現の使い方
  • 「伝言」を使った言葉と意味を解釈
  • 「伝言」を使った例文や短文など
  • 「伝言」の反対語
  • 「伝言」の類語や類義語・言い換え
  • 「伝言」の英語と解釈


「伝言」とは?

「伝言」には「人に頼んで、伝えたいことや用件を伝えること」という意味があります。

また「その時に伝える言葉」という意味もあります。

  • 「伝言」の読み方

「伝言」の読み方

「伝言」の読み方は、「でんごん」になります。

「でんげん」などと読み間違えないようにしましょう。



「伝言」の表現の使い方

「伝言」の表現の使い方を紹介します。

「伝言」を使った言葉と意味を解釈

「伝言」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝言を頼む」【でんごんをたのむ】
  • 「伝言を受ける」【でんごんをうける】
  • 「伝言を伝える」【でんごんをつたえる】
  • 「伝言をメモする」【でんごんをめもする】
  • 「伝言ゲーム」【でんごんげーむ】

「伝言を頼む」【でんごんをたのむ】

「伝言を頼む」という言葉には、「伝えたいことを言ってもらうよう、誰かにお願いする」という意味があります。

例えば、受付の人に、担当者へ伝えたいことを言ってもらうようにお願いする時、「受付に担当者への伝言を頼む」という文章になります。

「伝言を受ける」【でんごんをうける】

「伝言を受ける」という言葉には、「誰かが伝えたい言葉を、受け取る」という意味があります。

先ほどの受付の人目線で言えば、仕事先の人間が、担当者に伝えたい言葉を、受け取ったという意味で、「伝言を受けた」と言えます。

「伝言を伝える」【でんごんをつたえる】

「伝言を伝える」には、「誰かが伝えたい言葉を、伝える」という意味があります。

先ほどの受付の人は、「伝言を受ける」のも仕事の一つですが、担当者に「伝言」を伝えるのも仕事の一つになります。

担当者に、仕事先の人が伝えたい言葉を伝える時、「伝言を伝える」と表現します。

「伝言を伝える」方法は、直接会って話す、電話する、メモを回す、メールするなど様々な方法があります。

「伝言をメモする」【でんごんをめもする】

「伝言をメモする」という言葉には、「誰かが伝えたいと思った言葉を、メモ書きする」という意味があります。

「伝言」は聞いた時は覚えていても、すぐに忘れてしまう可能性があるためです。

必ずメモをして、忘れないようにし、内容を伝える必要があります。

「伝言ゲーム」【でんごんげーむ】

「伝言ゲーム」という遊びがあります。

5人程度がチームを組み、横並びになり、端から恥まで、「伝言」を繰り返していきます。

まだ「伝言」を聞いていない人は、耳栓をするなどして、聴こえないようにしておきます。

「伝言」を繰り返すことに、内容が変化するため、最後の人まで、元通りの言葉を伝えるのは難しく、より正確に「伝言」できたチームが勝利になります。



「伝言」を使った例文や短文など

「伝言」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝言」を使った例文1
  • 「伝言」を使った例文2

「伝言」を使った例文1

「出張に出かけるため、不在の社員に仕事内容の『伝言』を頼む」

この例文は、これから出張に出かけて、会社を留守にしてしまう人についての文章になります。

不在の間にしてもらいたい仕事を、その時に会社にいなかった社員に、誰かを介して伝えてもらおうとしています。

このように、伝えたいことを人に言ってもらう時、「伝言」という言葉を使います。

「伝言」を使った例文2

「『伝言』では心もとないため、電話をする」

この例文は、仕事先の相手などに会いに行ったものの、不在で会えず、「伝言」しようか迷ったものの、正しく真意が伝わるか心配で、電話をすることにしたという文章になります。

このように言葉はニュアンスで受け取られ方が変わるため、直接話をした方が良いケースもあります。

「伝言」の反対語

「伝言」の反対語を紹介します。

  • 「面会」【めんかい】
  • 「面と向かう」【めんとむかう】

「面会」【めんかい】

「面会」には「人と会うこと」という意味があります。

「面会して、用件を伝える」という言葉には、「直接人と会って、大切なことや用事を伝える」という意味があります。

「面会時間」「面会謝絶」などという使い方をします。

「面と向かう」【めんとむかう】

「面と向かう」という言葉には、「相手の目の前で、直接向かい合う」という意味があります。

「面と向かって話す」という言葉には、「直接相手と向かい合って話す」という意味があります。

「伝言」の類語や類義語・言い換え

「伝言」の類語や類似を紹介します。

  • 「伝達」【でんたつ】
  • 「言い伝え」【いいつたえ】
  • 「口伝え」【くちづたえ】
  • 「口コミ」【くちこみ】

「伝達」【でんたつ】

「伝達」には、「連絡事項などを、伝えること」という意味があります。

「業務連絡を伝達する」という言葉には、「仕事についての連絡事項を、他の社員に伝える」という意味があります。

「伝達を強化する」「伝達事項を確認する」などという使い方をします。

命令や連絡事項などを伝える

「言い伝え」【いいつたえ】

「言い伝え」には、「伝言」という意味があります。

「上司からの言い伝えを、担当者に伝える」という言葉には、「上司からの伝言を、担当者に伝える」という意味があります。

「口伝え」【くちづたえ】

「口伝え」には、「人から人に言い伝えること」という意味があります。

「噂が口伝えに広まる」という言葉には、「ある噂が、人から人に言い伝えられて、広く知られる」という意味があります。

「口コミ」【くちこみ】

「口コミ」という言葉には、「マスコミ主導ではなく、口から口で伝達すること」という意味があります。

「商品の口コミ」は、「マスコミやメーカーが商品紹介したものではなく、実際に使用した、一般的なユーザーの話」になります。

「伝言」の英語と解釈

「伝言」の英語を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「伝言」を英語にすると、“message”(メッセージ)になります。

“message”には「伝言」「言付け」などの意味があります。

また「メッセージ」というカタカナ語として、“message”を知っている人もいるでしょう。

このように「伝言」を英語にする時は、“message”を使ってみましょう。

icon まとめ

「伝言」という言葉について、見てきました。

伝えたいことを人に言ってもらう時、またその時に伝える言葉について話す時、「伝言」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。