意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手っ取り早く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手っ取り早く」は、日常でよく見聞きする言葉で、何事もそう行えるに限ります。

Meaning-Book
「手っ取り早く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手っ取り早く」とは?
  • 「手っ取り早く」の表現の使い方
  • 「手っ取り早く」を使った例文と意味を解釈
  • 「手っ取り早く」の類語や類義語


「手っ取り早く」とは?

「手っ取り早く」とは、手間を掛けずにという意味で使う言葉です。

可能な限りそのように何かを行いたいといった時に用いられることがほとんどなので、それほど時間がない、面倒なことはしたくないなどの理由から用いられます。

「朝は忙しいので、朝食は手っ取り早く済ませたい」と使うと、手間を掛けない朝食で済ませたいと言っており、それが食事と言えるか分かりませんが、人によってはコーヒーや紅茶だけという場合もあるでしょう。

  • 「手っ取り早く」の読み方

「手っ取り早く」の読み方

「手っ取り早く」の読み方は、「てっとりばやく」になります。

できるだけ手間を掛けたくない時に使う言葉で、「楽がしたい」というニュアンスも多いに込められています。

先のように、何事もそう行えるに越したことはありませんが、常にそうだという訳でもなく、場合によって良し悪しです。

早く済ませられたとしても、中身が伴っていないのでは後で困ることになるかも知れないからです。



「手っ取り早く」の表現の使い方

「手っ取り早く」の表現の使い方を紹介します。

この言葉は、本来は「時間を掛けずに」という意味で用いられる言葉ながら、上の「楽がしたい」と全面に出して使われることも多く、「手っ取り早く終わらせたい」のような使い方がそれに当たります。

使った方としては、それほどこの「楽がしたい」と含んだつもりがなくても、聞いた方はそう捉えてしまうことがあるので注意して使ってください。

「手っ取り早く」を使った例文と意味を解釈

「手っ取り早く」を使った例文と、その意味の解釈です。

意味は簡単な言葉ですが、使われ方による微妙なニュアンスの差に注目してください。

  • 「手っ取り早く」を使った例文1
  • 「手っ取り早く」を使った例文2

「手っ取り早く」を使った例文1

「手っ取り早くお金を儲ける方法はないものか」

「楽がしたい」というニュアンスがよく分かる例だと言っていいでしょう。

そんな方法があれば、誰でも知りたいものです。

「手っ取り早く」を使った例文2

「それだけは手っ取り早く済ませてしまいたい」

それだけは時間を掛けずに済ませたいと使っています。

この使い方では、楽がしたいというよりも、早く終わらせたいという含みが大きいと分かります。



「手っ取り早く」の類語や類義語

「手っ取り早く」の類語や類義語を紹介します。

堅い場で使用する場合はこちらの方がいいでしょう。

  • 「効率的に」【こうりつてきに】
  • 「手際よく」【てぎわよく】

「効率的に」【こうりつてきに】

「手っ取り早く」と同じく、手間を掛けずに行うことの表現です。

「手っ取り早く済ませたい」は、「効率的に済ませたい」とそのまま言い換えられます。

「効率よく」としても意味は一緒で、そちらの形で見聞きすることも多いです。

「手際よく」【てぎわよく】

こちらのも同様に、手間を掛けずに済ませたい時に使われます。

「手際よく済ませたい」とすると、「手っ取り早く済ませたい」と同じ意味になります。

icon まとめ

何事も「手っ取り早く」行いたいものですが、そればかりを重視するあまり、肝心の内容が疎かになることがないように注意してください。