意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「何故」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「何故」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「何故」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

何故

Meaning-Book
「何故」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「何故」とは?意味
  • 「何故」の表現の使い方
  • 「何故」を使った例文と意味を解釈
  • 「何故」の類語や類義語


「何故」とは?意味

「何故」というのは、「どういうわけで」「なぜ」、という意味になります。

原因を問うために用いる表現であり、例えば「何故怒られたのかわかりません」と使われます。

理由や原因などを尋ねたり、自問したりするときに使われる言葉であり、どうして、という意味になります。

  • 「何故」の読み方

「何故」の読み方

「何故」の読み方は、「なぜ」或いは「なにゆえ」になります。

二通りの読み方がありますので覚えておきましょう。

どちらも同じ意味になります。



「何故」の表現の使い方

「何故」の表現の使い方を紹介します。

「何故」という表現は「どうして」という意味ですので、日常会話でも使える言葉になります。

例えば「何故宿題をせずに遊びに行ったの?」「何故そんなことをしたの?」と使えます。

子供に話しかける時などは「なぜ」と読むのが一般的です。

「何故空は青いのか」などと哲学的な考えをする時にも使われる表現で、その場合は「なにゆえ」と読むことがあり、どちらもどうして、という意味になります。

「何故」を使った例文と意味を解釈

「何故」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「何故」を使った例文1
  • 「何故」を使った例文2

「何故」を使った例文1

「何故英語を勉強しなければいけないのかわかりません」

最近はグローバル化が進んだことで、小学校から英語教育を受けますよね。

しかし、日本国内で英語を使う機会などはほとんどありませんし、どうしても英語は嫌だ、苦手意識を持ってしまう人もいるのではないでしょうか。

また、どうせ使うものではないから、勉強する必要がない、と悲観的に考えてしまう人もいるかもしれませんね。

「何故」を使った例文2

「何故人間は生きているのだろう」

哲学的な考えをすると、「どうして人間は生きているのか」「どのような目的のために人間は生かされているのか」などと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

確かに、人生には様々な課題があり、人間はそれを乗り越えていかなければいけません。

哲学的な考えをするときには「なにゆえ」と読むことが多いといえます。



「何故」の類語や類義語

「何故」の類語や類義語を紹介します。

  • 「どうして」
  • 「なんで」

「どうして」

「どうして」というのは「方法についての疑問を表す表現」であり、「どのようにして」「どうやって」という意味があります。

それ以外にも原因や理由についての疑問を表すこともできますし、強い否定の気持ちを表す時にも使われます。

「なんで」

「なんで」というのは「どういうわけで」「どうして」という意味になります。

それ以外にも反語表現に用いて強く否定する意思を表すこともあります。

icon まとめ

「何故」という表現は日常会話でも使われますのでぜひ知っておきましょう。

わからないところはしっかりと追求して納得していきたいですね。

「何故」としっかり質問し、理解していきましょう。