意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大物扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大物扱い」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「大物扱い」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「大物扱い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大物扱い」とは?意味
  • 「大物扱い」の表現の使い方
  • 「大物扱い」を使った例文と意味を解釈
  • 「大物扱い」の類語や類義語


「大物扱い」とは?意味

「大物扱い」とは、その社会で、大きな勢力、影響力を持っている人として接することを言います。

実際はそうではないといった意味合いも含みます。

  • 「大物扱い」の読み方

「大物扱い」の読み方

「大物扱い」とは「おおものあつかい」と読みます。



「大物扱い」の表現の使い方

「大物扱い」「大物」とはその社会において、大きな勢力、影響力を持っている人のことを言います。

「扱い」とはその地位、状態にある物として接するという意味になります。

つまり、本当はそれほど大きな力があるわけではないのに、そのような人として接することを言うのです。

何かしらの事情があったり、気を使う必要がある時に「大物扱い」をすることになります。

「彼が、いまだに大物扱いをされている理由がわからない」「大物扱いしているけど、それほどすごい人とは思わない」というようにどこか否定的な使い方をすることが多い言葉でもあります。

「大物扱い」を使った例文と意味を解釈

それでは「大物扱い」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「大物扱い」を使った例文1
  • 「大物扱い」を使った例文2

「大物扱い」を使った例文1

「受賞したことで、大物扱いされるようになったが、私自身は何も変わっていない」

自分自身の内面が特に変わったわけではなくても、立場が変わることで周りの扱いが変わることがあります。

例文のように何か受賞したりしますと「大物」として周りは接してくるようになるでしょう。

そのことを「大物扱い」と言うのです。

「大物扱い」を使った例文2

「周りが彼の御父上に気を使って、大物扱いをするから、彼は現状に気がつけないままだ」

本人に実力がない場合であっても、例えば実力者の親族がいる、有力な後援者があるといった時は、それらの人に気を使って「大物」として接することがあるでしょう。



「大物扱い」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「大物扱い」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「重鎮扱い」【じゅうちんあつかい】
  • 「実力派扱い」【じつりょくはあつかい】

「重鎮扱い」【じゅうちんあつかい】

「重鎮扱い」とはある団体、社会などで重きをなす人物として接することを言います。

「入って数年なのに、なぜ彼女は重鎮扱いなんだ?」「重鎮扱いされて、すっかり勘違いしている」などと使います。

「実力派扱い」【じつりょくはあつかい】

「実力派扱い」とは、実際に強い力量がある、そのような人として扱うことを言います。

実際はそうでない場合に使うことが多いでしょう。

「彼は下手なのに、実力派扱いされている」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大物扱い」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。