意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「体験談」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「体験談」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「体験談」という言葉を使った例文や、「体験談」の類語を紹介して行きます。

体験談

Meaning-Book
「体験談」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「体験談」とは?意味
  • 「体験談」の表現の使い方
  • 「体験談」を使った例文や短文など
  • 「体験談」の類語や類義語・言い換え


「体験談」とは?意味

「体験談」には、「自分で実際に体験した事に基づく話」という意味があります。

実際に経験したことについて、誰かに話す時、「体験談」という言葉を使ってみましょう。

  • 「体験談」の読み方

「体験談」の読み方

「体験談」の読み方は、「たいけんだん」になります。

「体験」「たいけん」「談」「だん」に読みましょう。



「体験談」の表現の使い方

「体験談」の表現の使い方を紹介します。

「体験談」には、「自分で実際に体験した事に基づく話」という意味があるため、自分の体験をもとに話をする時に使ってみましょう。

例えば、恋愛について、他の人から聞いた話ではなく、自分が体験した恋愛について話す時、「体験談」になります。

そこで、「これは体験談なんだけど」などと、前置きをして、実際に体験した話だと相手に分かってもらってから、話してみましょう。

「体験談」を使った例文や短文など

「体験談」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「体験談」を使った例文1
  • 「体験談」を使った例文2

「体験談」を使った例文1

「『体験談』はリアルな話のため、平凡な話でも面白い」

この例文は、自分で体験した話を聞く時、それも作り話ではないリアルな話のため、面白いという意味があります。

「体験談」は、実際に体験しただけあり、ディティールなどがリアルなため、作り話よりも完成度が高くなるでしょう。

このように、自分が体験した話をする時、「体験談」という言葉を使ってみましょう。

「体験談」を使った例文2

「『体験談』のように話したが、一度も海外に入ったことがない」

この例文は、海外旅行について、自分の経験のように話したが、実際には海外旅行をしたことがないという文章になります。

想像力が豊かで話術に長けている人の中には、このように、空想の話を「体験談」のように話せる人がいるかもしれません。



「体験談」の類語や類義語・言い換え

「体験談」の類語や類似を紹介します。

  • 「経験談」【けいけんだん】
  • 「打ち明け話」【うちあけばなし】

「経験談」【けいけんだん】

「経験談」には「自分の経験した事に基づく話」という意味があります。

「仕事の経験談を話す」という時は、ビジネス書で仕入れた知識ではなく、実際に経験した仕事について話すという意味があります。

「打ち明け話」【うちあけばなし】

「打ち明け話」には、「人に知られていない事を隠さず話す話」という意味があります。

友達などに、恋愛体験を赤裸々に、包み隠さず話す時、「恋愛の打ち明け話をする」ことになります。

「仕事の打ち明け話をする」「家族に打ち明け話をする」などと言う使い方をします。

icon まとめ

「体験談」という言葉について見てきました。

自分の体験に基づく話を誰かにする時に、「体験談」という言葉を使ってみましょう。