意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「言い争い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「言い争い」をした経験があるでしょうか。

ここでは「言い争い」という表現について詳しく紹介していきます。

言い争い

Meaning-Book
「言い争い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「言い争い」とは?意味
  • 「言い争い」の表現の使い方
  • 「言い争い」を使った例文と意味を解釈
  • 「言い争い」の類語や類義語


「言い争い」とは?意味

「言い争い」というのは口げんかを指します。

「議論のある言語行為」「論争」などと言われることもあり、口げんかというのは「言い争うこと」を指しています。

言い争うというのは何かに対して議論をすること、口論すること、という意味であり、例えば「友達とささいなことで言い争いをしてしまった」などという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

夫婦で「言い争い」をしたり、親子で「言い争い」をすることもあるかもしれませんね。

  • 「言い争い」の読み方

「言い争い」の読み方

「言い争い」の読み方は、「いいあらそい」になります。

日常生活でも使えますので、ぜひ覚えておきましょう。



「言い争い」の表現の使い方

「言い争い」の表現の使い方を紹介します。

「言い争い」というのは口げんかを指しており、議論を指すこともあれば、単なる論争を指すこともあります。

例えば、翌日は遊園地に行く予定だったのに雨が降ってしまい、「雨が降ったから遊園地に行くのはやめよう」と主張する人に対して、「代わりに他の場所に行こう」と主張する人が「言い争い」を始めることもあるかもしれません。

意見が合わない2人が論争する場合、それが「言い争い」になります。

「言い争い」を使った例文と意味を解釈

「言い争い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「言い争い」を使った例文1
  • 「言い争い」を使った例文2

「言い争い」を使った例文1

「彼らはつまらないことで言い争いをしているけれど、実はとても仲が良いのです」

「喧嘩するほど仲が良い」などという表現がありますよね。

いつも言い争いをしていても、だからといって仲が悪いとは言い切れません。

言い争いをしているという事は自分の意見が言えるということであり、自分の意見が言えるという事は相手をそれなりに信頼しているということにもなります。

普段はつまらないことで言い争いをしていても、実際は相手を信頼している可能性があります。

「言い争い」を使った例文2

「どうしてこんな言い争いになってしまったのか自分でもわかりません」

ささいなことで言い争いになってしまうことがありますよね。

そんなつもりはなかったのに相手を怒らせてしまった、そんなつもりはなかったのに言い過ぎてしまった、などということも珍しくないのです。

そのため、つまらないことから喧嘩になってしまったということもあるのではないでしょうか。

もしもそう思ったら、相手と素直に話し合うことを心がけましょう。



「言い争い」の類語や類義語

「言い争い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「口げんか」【くちげんか】
  • 「口論」【こうろん】

「口げんか」【くちげんか】

「口げんか」「言い争うこと」を指しています。

激しい言葉で罵り合うことや行動を指し、相手を黙らせたら「口げんかに勝った」といえます。

「口論」【こうろん】

「口論」「言い争いをすること」「口げんか」を指しています。

「口論が絶えない」「些細なことで口論をしてしまった」などと使われます。

icon まとめ

「言い争い」という表現は日常的にも使われますし、ビジネスでも使われますのでぜひ知っておきましょう。

発言する前にはいちど自分の中で復唱してみると良いかもしれません。