意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「例外」とは?意味や使い方!例文や解釈

「例外」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「例外」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「例外」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「例外」とは?
  • 「例外」の表現の使い方
  • 「例外」を使った言葉と意味を解釈
  • 「例外」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「例外」の反対語
  • 「例外」の類語や類義語・言い換え
  • 「例外」の英語と解釈


「例外」とは?

「例外」とは普通の例から外れていること、原則に当てはまっていないことを言います。

  • 「例外」の読み方

「例外」の読み方

「例外」と書いて「れいがい」と読みます。



「例外」の表現の使い方

「例外」とは、普通の例から外れていること、原則に当てはまっていないことを言います。

「例外」とは、本来のルールは〇〇である、しかしこれはいいですよといった使い方をします。

「課題は今日中の提出だが例外として、外回りをする者は明日の朝まででいい」「欠席は本来駄目だが、例外として今回だけは認める」という風に使います。

「例外」を使った言葉と意味を解釈

「例外」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「例外的」
  • 「例外法」
  • 「例外は認めない」

「例外的」

「例外的」とは、「例外」であるさまを言います。

「今回は例外的に認めるとのことです」「例外的な措置として〇〇となった」という風に使います。

「例外法」

「例外法」とは原則的に適用される法の、妥当しない場合には「例外的」に適用される法のことを言います。

「例外規定」とも言います。

「これは例外法が適用される」「今回の件は例外法で認められた」という風に使います。

「例外は認めない」

「例外を認めない」とは基本的に原則通りということで、原則に当てはまらないことは認めないという意味になりますので、ルールは変更しない、特別扱いはしないといったように、厳しいニュアンスを含む言葉になります。

「きりがないので例外は認めない」「私は誰であっても例外は認めない」「例外は認めないとのことですが、何とかならないでしょうか」などと使います。



「例外」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「例外」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「例外」を使った例文1
  • 「例外」を使った例文2

「例外」を使った例文1

「どんな厳しい規則にしたって、結局のところ例外はあるんだよね」

何にしても、規則、ルールといったものはあります。

それを守ることで集団の秩序は守られるのです。

しかし、どんなに厳しいとされる規則であっても、それに当てはまらない例というものがあれば「例外」というものができてしまいます。

「例外」を使った例文2

「私は基本的に例外は作らずに、みな同じようにやってもらうつもりだ」

ルール、守ることにおいて、その例から外れることを「例外」と言います。

しかし集団の中で「例外」を一度作ってしまえば「特別扱い」「ひいき」といった別の問題に発展する恐れもあります。

ですから厳しいようであっても「例外」を作らないというのは良くも悪くも公平であるとは言えるでしょう。

「例外」の反対語

「例外」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「原則」【げんそく】
  • 「本則」【ほんそく】
  • 「ルール」【るーる】

「原則」【げんそく】

「原則」とは社会的な活動の中で、基本的な規則、法則といったことを言います。

「原則として6時には終わらせること」「原則として日曜日は活動は休みとする」などと使います。

「本則」【ほんそく】

「本則」とは正規の規則、基本的な規則、法令の本体となるところという意味があります。

「ルール」【るーる】

「ルール」とは英語で“rule”ですが、意味は規則、決まりということになります。

「交通ルールを守って楽しくサイクリングをしよう」という風に使います。

「例外」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「例外」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「特例」【とくれい】
  • 「規格外」【きかくがい】
  • 「異例」【いれい】
  • 「範疇外」【はんちゅうがい】
  • 「特殊例」【とくしゅれい】

「特例」【とくれい】

「特例」とは特別な例のことを言います。

「今回限りは特例として認めますが本来は駄目なのですよ」「特例として認めてもらえた」という風に使います。

「規格外」【きかくがい】

「規格外」とは判断の基準となる、社会的な標準から外れていることを言います。

「異例」【いれい】

「異例」とは普通と違った例、前例のないこと、例のない珍しいことといった意味があります。

「彼は異例の速さで出世した男だ」「異例の大抜擢に、プレッシャーがかかっていないだろうか」「今年は異例の暑さなので十分に気をつけて参加してください」などと使います。

「範疇外」【はんちゅうがい】

「範疇外」とは同じ性質のものが属する部類、部門、領域、カテゴリーから外れていることを言います。

「これは私の範疇外の問題だ」「範疇外のことにまで構っていられない」という風に使います。

「特殊例」【とくしゅれい】

「特殊例」とは普通のものと違うこと、平均的なものを超えている、限られた若干のものだけに言えることといった意味があります。

「これは特殊例だから参考にならない」「特殊例を持ち出してさも普通のことのように見せかけているだけだ」などと使います。

「例外」の英語と解釈

「例外」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“exception”という単語を使います。

例文は“make an exception”(例外とする)、“We get up early every morning, but Sunday is an exception”(私たちは毎朝早起きだが、日曜日は例外だ)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「例外」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。