意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「断ずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「断ずる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「断ずる」という言葉を使った例文や、「断ずる」の類語を紹介して行きます。

断ずる

Meaning-Book
「断ずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「断ずる」とは?意味
  • 「断ずる」の表現の使い方
  • 「断ずる」を使った例文や短文など
  • 「断ずる」の類語や類義語・言い換え


「断ずる」とは?意味

「断ずる」には「きっぱりと決める」という意味があります。

また「裁いて罪を決める」という意味もあります。

さらに「断ち切る」「迷いを断つ」という意味もあります。

  • 「断ずる」の読み方

「断ずる」の読み方

「断ずる」の読み方は、「だんずる」になります。



「断ずる」の表現の使い方

「断ずる」の表現の使い方を紹介します。

「断ずる」には、「きっぱり決める」という意味があるため、仕事について決定する時などに、「Aで行くと断ずる」などという使い方をしてみましょう。

また「裁いて罪を決める」という意味があるため、「罪を断ずる」などという言い回しを使ってみましょう。

さらに「断ち切る」「迷いを断つ」という意味があるため、何か迷いを吹っ切る時に、「迷いを断ずる」などという言い回しを使ってみましょう。

「断ずる」を使った例文や短文など

「断ずる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「断ずる」を使った例文1
  • 「断ずる」を使った例文2

「断ずる」を使った例文1

「新商品に関する会議が行き詰った頃、社長がBの商品を売り出すと『断ずる』」

この例文は、新商品に関する会議が開かれた様子を文章にしたものです。

会議が行き詰まった頃、社長の「Bで行く」という鶴の一言で、Bを売り出すことが決まりました。

このように、「断ずる」きっぱりと決めるという意味があります。

「断ずる」を使った例文2

「元カレへの未練を『断ずる』ため、髪を短くする」

この例文は、ある女性が元カレへの未練を断つために、ショートカットにしたという意味があります。

髪を切ることで、迷いを断つ後押しにしたいと思う女性がいるかもしれません。

このように迷いなどを断つ様子を「断ずる」という言葉で表現します。



「断ずる」の類語や類義語・言い換え

「断ずる」の類語や類似を紹介します。

  • 「決める」【きめる】
  • 「裁断」【さいだん】

「決める」【きめる】

「決める」には「規則や方針などを作り上げること」という意味があります。

また「不確実な物事や、未定の物事をハッキリさせる」という意味があります。

さらに「決心する」という意味もあります。

「ルールを決める」「明日、会社を休むと決める」などという使い方をします。

「裁断」【さいだん】

「裁断」という言葉には、「物を断ち切ること」という意味があります。

また「物事の善悪などを判断して決めること」という意味があります。

「紙を適当な形に裁断する」「裁断を下す」などという使い方をします。

icon まとめ

「断ずる」という言葉について見てきました。

物事をきっぱりと決める時、また裁いて罪を決める時、さらに迷いなどを断ち切る時に、「断ずる」という言葉を使ってみましょう。