意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「前触れ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「前触れ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「前触れ」という言葉を使った例文や、「前触れ」の類語を紹介して行きます。

前触れ

Meaning-Book
「前触れ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「前触れ」とは?意味
  • 「前触れ」の表現の使い方
  • 「前触れ」を使った例文や短文など
  • 「前触れ」の類語や類義語・言い換え


「前触れ」とは?意味

「前触れ」には、「前もって知らせること」という意味があります。

また「事前に通告すること」という意味があります。

さらに「何かことが起こるのを予想させるような出来事」という意味もあります。

  • 「前触れ」の読み方

「前触れ」の読み方

「前触れ」の読み方は、「まえぶれ」になります。

「ぜんぶれ」などと読み間違えないようにしましょう。



「前触れ」の表現の使い方

「まえぶれ」の表現の使い方を紹介します 「前触れ」には「前もって知らせること」という意味があるため、ビジネスシーンなどで、前もって知らせる必要がある時に、「前触れ」という言葉を使いましょう。

また「何かことが起こるのを予想させるような出来事」という意味もあるため、ある出来事を見た時、何かが起こりそうだと感じた時に、「○○の前触れかもしれない」などという使い方をしてみましょう。

「前触れ」を使った例文や短文など

「前触れ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「前触れ」を使った例文1
  • 「前触れ」を使った例文2

「前触れ」を使った例文1

「『前触れ』をしてから、取引先を訪ねる」

この例文は、ビジネスシーンで、取引先を訪ねる前に、前もって知らせておくという意味があります。

当然取引先には取引先の都合があるため、事前に連絡をして、日時を調整し、話す内容の概要を伝えておく必要があります。

このように「前触れ」には、「前もって知らせる」という意味があります。

「前触れ」を使った例文2

「不思議な形の雲を見た時、嵐が来る『前触れ』かもしれないと思う」

この例文は、空を見上げた時に、見たこともない不思議な形の雲をみつけ、嵐が来るのではないかと予想したという意味があります。

この不思議な雲のように、これから何かが起こりそうだと予想させる出来事を「前触れ」と言います。



「前触れ」の類語や類義語・言い換え

「前触れ」の類語や類似を紹介します。

  • 「合図」【あいず】
  • 「兆候」【ちょうこう】

「合図」【あいず】

「合図」という言葉には、「身振りなどで知らせること」という意味があります。

また「前もって取り決めた方法で物事を知らせること」という意味があります。

「兆候」【ちょうこう】

「兆候」には「物事の起こる前触れ」という意味があります。

例えばデパートの売り上げが高くなったというニュースを聞いた時、景気が良くなる前触れかもしれないと感じるかもしれません。

このような時に、「景気回復の前触れかもしれない」などと言います。

icon まとめ

「前触れ」という言葉について見てきました。

前もって知らせる時、また何かが起こりそうだと予想させる出来事を見た時に、「前触れ」という言葉を使ってみましょう。