意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「心無い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「心無い」という言葉は日常会話などでも使う機会が多いのではないでしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「心無い」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「心無い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「心無い」とは?
  • 「心無い」の表現の使い方
  • 「心無い」を使った例文と意味を解釈
  • 「心無い」の類語や類義語


「心無い」とは?

「心無い」とは思慮がないこと、分別がないこと、関心、熱意がないという複数の意味がある言葉です。

  • 「心無い」の読み方

「心無い」の読み方

「心無い」の読み方は、「こころない」になります。



「心無い」の表現の使い方

「心無い」の表現の使い方を紹介します。

「心無い」とは複数の意味があります。

思慮がない、分別がないというのは、他人への思いやりがないという意味でも使います。

「心無い仕打ち」「心無い人たち」などと言ったりします。

関心がない、熱意がないといった意味合いで使う場合は「心無い顔をしている」「もう心無いみたいだ」という風に使います。

「心無い」を使った例文と意味を解釈

「心無い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「心無い」を使った例文1
  • 「心無い」を使った例文2

「心無い」を使った例文1

「心無い人と一緒にいてもいいことはないだろう、心ある人を探そう」

他に思慮がなく、対する思いやりがない、気持ちなどを理解しないという人のことを「心無い人」と言い表します。

そして分別、思慮があり、物の道理をわかっている人のことを「心ある人」と言います。

「心無い」を使った例文2

「最初こそ盛り上がったが、結局今は心無い様子である」

最初は興味を示したことも、時間が経ち熱が冷めてしまうことはあります。

そのような関心がないこと、熱意がないことを「心無い」という言葉で言い表します。



「心無い」の類語や類義語

「心無い」の類語や類義語を紹介します。

  • 「無思慮」【むしりょ】
  • 「軽骨」【きょうこつ】
  • 「軽率」【けいそつ】
  • 「無分別」【むぶんべつ】

「無思慮」【むしりょ】

「無思慮」とは思慮に欠けていることを言います。

「彼の無思慮な振舞いに先方から今後の出入り禁止を言い渡された」「あのような無思慮な女は見たことがない」「自分が無思慮であったと深く恥じるが、もう手遅れなのだ」などと使います。

「軽骨」【きょうこつ】

「軽骨」とは軽々しいこと、馬鹿げていること、軽蔑する、軽んじるといった意味があります。

「あの男は昔から軽骨者だった」という風に使いますが、どちらかと言えば昔風の言い方となります。

「軽率」【けいそつ】

「軽率」とはよく考えずに物事を行ってしまうこと、軽はずみという意味になります。

「軽率な行動は慎むように」「何て軽率なことをするの」などと使います。

「無分別」【むぶんべつ】

「無分別」とは、分別がなく、よく考えることもせずに動いてしまうことを言います。

またそのような様子のことでもあります。

「何でも無分別に手を出すのは止めなさい」「どうして、そんな無分別なことをするのですか」「無分別な行動」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「心無い」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。