意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「景気低迷」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「景気低迷」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「景気低迷」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「景気低迷」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「景気低迷」とは?意味
  • 「景気低迷」の表現の使い方
  • 「景気低迷」を使った例文と意味を解釈
  • 「景気低迷」の類語や類義語


「景気低迷」とは?意味

「景気低迷」というのは「景気が悪化してしまい、その状態から抜け出せない」という意味になります。

「低迷」という表現には雲が低くさまようという意味もありますが、一般的には悪い状態を抜け出せずに迷うという意味になります。

つまり、景気が良くない状態に陥ってしまい、そこから抜け出せない、好景気にならない、という意味になるのです。

経済でよく使われる表現だと言えるでしょう。

  • 「景気低迷」の読み方

「景気低迷」の読み方

「景気低迷」の読み方は、「けいきていめい」になります。

経済でよく使われる表現ですので、ぜひ知っておきたいですね。



「景気低迷」の表現の使い方

「景気低迷」の表現の使い方を紹介します。

景気が悪化してしまい、ビジネス等で打撃を食っているという人もいるかもしれません。

「悪化してしまった景気が元に戻らない、悪化の一途をたどっている、なかなか良い状態にならない」という時に「景気低迷」という表現が使えますから、「この景気低迷でビジネスがうまくいきません」などと考える人もいるのではないでしょうか。

「景気低迷」ために会社が破産になった、などという人もいるかもしれませんね。

「景気低迷」を使った例文と意味を解釈

「景気低迷」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「景気低迷」を使った例文1
  • 「景気低迷」を使った例文2

「景気低迷」を使った例文1

「長引く景気低迷のため、学生たちの就職率が下がっています」

景気が悪くなってしまえば、企業も新入社員を雇う余裕がありません。

そのため、どうしても新入社員を募集しなくなってしまい、その結果学生たちの行き場がなくなってしまうということもあるかもしれません。

学生たちは何とか就職したいと考えますので、もしも就職率が下がってしまうと就職活動も激化しますよね。

しかし、就職できなかった学生たちがフリーターになってしまうなどという問題も指摘されており、なんとかしなければいけないとも言われています。

「景気低迷」を使った例文2

「景気低迷のためにリストラになる人が増えています」

景気が悪くなってしまうと、従業員が雇えなくなります。

そのため、人件費がかかる年配の従業員から解雇されることもあり、定年前にリストラになった、などという人も近年は珍しくないと言われています。

リストラという形ではなかったとしても早期退職を迫られることもあり、年金がもらえるまでに間がある、第二就職をしなければならない、などという状態の人も増えています。



「景気低迷」の類語や類義語

「景気低迷」の類語や類義語を紹介します。

  • 「景気後退」【けいきこうたい】
  • 「不景気」【ふけいき】

「景気後退」【けいきこうたい】

「景気後退」というのは「景気が下降している状態」を指しています。

「不景気」と言われることもあります。

「不景気」【ふけいき】

「不景気」とは「経済活動に活気がない、あるいはその様子」という意味になります。

商売が繁盛していない時にも使われますし、沈みこんで元気がない時にも使われる表現です。

icon まとめ

「景気低迷」はビジネスマンにとって大きな問題ですよね。

なかなかよくならない景気に対して、しっかりと対策を考えていかなければいけません。