意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「寄り添える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「寄り添える」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「寄り添える」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「寄り添える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「寄り添える」とは?意味
  • 「寄り添える」の表現の使い方
  • 「寄り添える」を使った例文と意味を解釈
  • 「寄り添える」の類語や類義語


「寄り添える」とは?意味

「寄り添える」とは「寄り添うことが可能である」という意味になります。

「寄り添う」という表現には「そばにぴったりと寄る」という意味であり、「ただそばにいるだけではなく、相手に共感して自分の気持ちと相手の気持ちを同調させる」という意味になります。

つまり、「寄り添える」とは相手に共感できる、相手の気持ちと自分の気持ちを同調させられる、という意味になるのです。

誰かが困ったときに、その人に「寄り添える」人材になりたいと願う人も多いのではないでしょうか。

  • 「寄り添える」の読み方

「寄り添える」の読み方

「寄り添える」の読み方は、「よりそえる」になります。

夫婦などの間で使われることが多い表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「寄り添える」の表現の使い方

「寄り添える」の表現の使い方を紹介します。

「寄り添える」というのは相手に共感できる、という意味の表現であり、例えば「妻が困っているときに寄り添える夫でありたいです」などと使われます。

どれだけ仲の良い夫婦に見えても、様々な問題を抱えていることがありますよね。

どちらかが仕事や趣味等でストレスを抱えており、もう片方が支えなければいけないこともあるでしょう。

そのような場合に「パートナーに寄り添えるようになりたい」などと使えます。

「寄り添える」を使った例文と意味を解釈

「寄り添える」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「寄り添える」を使った例文1
  • 「寄り添える」を使った例文2

「寄り添える」を使った例文1

「あんな風に、いつもお互いに寄り添えるなんて素敵だよね」

いつもお互いに寄り添い、助け合っている夫婦や恋人は周りから見てもうらやましいものなのではないでしょうか。

うまくいっている時だけではなく、うまくいっていない時こそ、お互いを支え合っていきたいですよね。

うまくいっているときは誰でもお互いを支えられるものです。

しかし、どちらかが苦難に陥っている時や2人の間に問題が生じている時こそ、お互いに寄り添い、助け合っていかなければならないのではないでしょうか。

「寄り添える」を使った例文2

「夫が困っている時こそ、寄り添えるようにしたいです」

自分のパートナーが困っている姿は見たくないですよね。

病気で弱っている時や、悩みを抱えている時など、そのような時こそそばにいたいと考える人もいるかもしれません。

特に病気になった時などは気持ちも落ち込みやすいですから、病院などにも付き添いたいものです。



「寄り添える」の類語や類義語

「寄り添える」の類語や類義語を紹介します。

  • 「付き添える」【つきそえる】
  • 「助けられる」【たすけられる】

「付き添える」【つきそえる】

「付き添える」というのは「相手を世話するためにそばについていられる」という意味になります。

家族が入院するときには「付き添える」ようにスケジュールを組みたいと感じる人もいるかもしれませんね。

「助けられる」【たすけられる】

「助けられる」というのは「助けることが可能である」という意味になります。

助けられた時にも「助けられる」と言えますね。

icon まとめ

「寄り添える」という表現はパートナーとのあいだで使われることが多いかもしれません。

困っている人には「寄り添える」ようにしたいですね。