意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立て込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「立て込む」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「立て込む」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「立て込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「立て込む」とは?
  • 「立て込む」の表現の使い方
  • 「立て込む」を使った例文と意味を解釈
  • 「立て込む」の類語や類義語


「立て込む」とは?

この表現は「1カ所に多くの人やものが入り込んで混み合う」という意味です。

ビジネスにおいては用事がたくさん入ってしまい、なかなか外事ができないなどという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

仕事が集中してしまい、手が回らない状態になったら「立て込んでいる」といえます。

  • 「立て込む」の読み方

「立て込む」の読み方

この表現は「たてこむ」と読みます。

特にビジネスで多く使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「立て込む」の表現の使い方

年度末など、「仕事が立て込んでなかなか終わらない」などと感じる人が多いのではないでしょうか。

「仕事が増えてしまい、業務時間内に終わらないという悩みを抱える人」もいるかもしれませんね。

空いている時間がほとんどなく、これ以上仕事が増やせない、という場合はまさに「仕事が立て込んでいる」と言えるでしょう。

「立て込む」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「立て込む」を使った例文1
  • 「立て込む」を使った例文2

「立て込む」を使った例文1

「今は仕事が立て込んでおりまして、なかなか空き時間がありません」

仕事が重なってしまい、なかなか空き時間が作れないという悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。

隙間の時間がないからこそ、これ以上仕事が増えたら困る、などと思う人もいるかもしれませんね。

顧客とアポイントを取ろうとしてもいつにしたら良いのかわからないほど忙しい、という経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

「立て込む」を使った例文2

「仕事が立て込み、恋人に出会うチャンスもありません」

結婚に興味があるけれどなかなか良い出会いに巡り会えない、という人は「仕事が忙しい」ということもあるかもしれませんね。

そのような時こそ、習い事やサークルなどに加わって新しいことを始めてみると良いかもしれません。

自分から出会いを求めることも良い恋人を見つけるために大切です。



「立て込む」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「混雑する」【こんざつする】
  • 「ひしめく」

「混雑する」【こんざつする】

「混雑する」というのは「物事が無秩序に入り混じること」、あるいは「たくさんの人が集まって混み合うこと」を表します。

これ以外にゴタゴタしている時にも使われます。

「年末はどこも混雑していて外出したくない」と感じる人もいるのではないでしょうか。

「ひしめく」

「ひしめく」というのは「大勢の人が1カ所に隙間なく集まっている」「集まって騒ぎかける」という時に使われる表現です。

ギシギシと音がするという時にも使われることがあり、この表現は枕草子でも使われています。

icon まとめ

「立て込む」という表現はビジネスで使われることが多いといえます。

仕事が立て込んでしまった場合はダブルブッキングなどをしないように気をつけなければいけません。

丁寧に仕事をこなしていきたいですね。