意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目のやり場に困る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目のやり場に困る」とは?

「目のやり場に困る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「目のやり場に困る」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「目のやり場に困る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目のやり場に困る」の表現の使い方
  • 「目のやり場に困る」を使った例文と意味を解釈
  • 「目のやり場に困る」の類語や類義語


  • 「目のやり場に困る」の読み方

「目のやり場に困る」の読み方

「目のやり場に困る」というのは「視線を向けられない」「まじまじと見られない」「どこを見て良いのか分からない」「長い間直視していられない」などという意味があります。

例えば、中学や高校では女子生徒が夏服になると下着が透けてしまい、男子生徒が「目のやり場に困る」ということもあるかもしれませんね。

あまりにも露出度が高い洋服を着た女性に対し、男性が「目のやり場に困る」と感じることもあるかもしれません。



「目のやり場に困る」の表現の使い方

「目のやり場に困る」というのはどこを見たら良いのか分からないという時に使われます。

例えば、きれいな女性がビキニで目の前に現れたとき、その女性のどこを見て話をしたら良いのかわからないと悩む男性もいるのではないでしょうか。

ビキニですからそれなりに露出度も高いですし、美人だと顔を見て話をするにもドキドキしてしまうかもしれませんね。

そのような時に「目のやり場に困る」と表現できます。

「目のやり場に困る」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「目のやり場に困る」を使った例文1
  • 「目のやり場に困る」を使った例文2

「目のやり場に困る」を使った例文1

「好きな女の子がミニスカートで現れ、目のやり場に困ってしまいました」

好きな女の子が目の前にミニスカートで現れたら、どきっとしてしまう男性も多いのではないでしょうか。

好きな女の子が目の前に現れただけでも嬉しいですが、もしもミニスカートで現れた場合、今まで以上に足がよく見えてドキドキするという人もいるかもしれませんね。

ミニスカートではなく、短パンなどでも目のやり場に困ってしまうと感じる人もいるかもしれません。

「目のやり場に困る」を使った例文2

「夏になると女性が薄着になるため、目のやり場に困ります」

セーラー服などではなくても、女性は夏になると薄着になり、男性にとってはドキドキしてしまう季節かもしれません。

仕事をしている女性なども夏場は上着を脱ぎますし、ブラウスから下着が透けて見える、女性が洋服を脱ぐ姿がセクシー、などと感じる人もいるでしょう。

そんなつもりはないのに、いやらしい目でているとも思われたくない、しかし相手の目を見て話さないわけにはいかない、などというジレンマに陥る人もいるのではないでしょうか。



「目のやり場に困る」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「まじまじと見られない」【まじまじとみられない】
  • 「反応に困る」【はんのうにこまる】

「まじまじと見られない」【まじまじとみられない】

「まじまじと見られない」というのは「視線を受けられない」「反応に困る」という意味になります。

相手から誤解されたくないと感じる時も相手をしっかりと見られないかもしれませんね。

「反応に困る」【はんのうにこまる】

「反応に困る」というのは「何て言ったら良いのかわからない」「どのように対応したら良いのかわからない」という意味になります。

「リアクションに困る」と言われることもあります。

icon まとめ

「目のやり場に困る」という表現は特に男性が女性に対して使う表現かもしれません。

誤解されないようにするためにも、女性を見るときには気を使うという人もいるかもしれませんね。