意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生き金」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「生き金」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「生き金」という言葉を使った例文や、「生き金」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「生き金」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「生き金」とは?
  • 「生き金」を使った例文や短文など
  • 「生き金」の類語や類義語・言い換え


「生き金」とは?

少しユニークなイメージがある、「生き金」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

そこで「生き金」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「生き金」の読み方
  • 「生き金」の意味

「生き金」の読み方

「生き金」「いきがね」と読みます。

「いききん」などと読み間違えないようにしましょう。

「生き金」の意味

「生き金」という言葉の意味を紹介します。

「生き金」には「新しい価値を生み出すお金」という意味があります。

また「使った分の見返りがあるお金」という意味もあります。

「無駄にお金を使った」と感じる「死に金」とは反対の意味がある言葉になります。

このように「生き金」という言葉には、「新しい価値を生み出すお金」「使った分の見返りがあるお金」という意味があります。



「生き金」を使った例文や短文など

続いて「生き金」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「生き金」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「生き金」を使った例文1
  • 「生き金」を使った例文2

「生き金」を使った例文1

「資格取得のために学校に通ったが、費用は『生き金』になったと感じる」

この例文は、資格取得のため、学校に通った人が、かかった費用が新たな価値を生んだと感じている場面になります。

数十万の投資が、将来、それ以上の価値を生むという確信があるのでしょう。

このように、価値のある使い方ができたと思った時、「生き金」という言葉を使ってみましょう。

「生き金」を使った例文2

「オープンする飲食店が繁盛したら、投資したお金が『生き金』になる」

この例文のように、飲食店の開店準備には様々な費用が掛かります。

地代家賃や設備費、人件費や、宣伝費などで、数百万円単位のお金を投資しているでしょう。

しかし飲食店が繁盛すれば、何倍ものリターンをもたらし、投資したお金が文字通り「生き金」になるでしょう。

「生き金」の類語や類義語・言い換え

最後に「生き金」の類語や類似表現を紹介します。

「生き金」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「種銭」【たねぜに】
  • 「投資資金」【とうししきん】

「種銭」【たねぜに】

「種銭」には、「金を貯める時の、もとにする金銭」という意味があります。

例えば「ギャンブルで大儲けする為の、種銭を貸してくれ」などという使い方をします。

「投資資金」【とうししきん】

「投資資金」には「投資のための資金」という意味があります。

株取引や、FX、不動産投資などをするためには、資金が必要で、その資金を「投資資金」と言います。



icon まとめ

「生き金」という言葉について見てきました。

新しい価値を生み出すお金の使い方ができたと思った時、「生き金」という言葉を使ってみましょう。