意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恩恵を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「恩恵を受ける」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「恩恵を受ける」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

恩恵を受ける

Meaning-Book
「恩恵を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「恩恵を受ける」とは?
  • 「恩恵を受ける」の表現の使い方
  • 「恩恵を受ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「恩恵を受ける」の類語や類義語


「恩恵を受ける」とは?

「恩恵を受ける」というのはある対象から「ありがたい恵みをもらう」ということになります。

「何らかの利益を得る」「恩恵に預かる」という意味であり、「恩恵」というのは恵みや情けという意味になります。

自然など、他者からもたらされる幸福や利益を指しており、事業や商売などによる儲けなどという意味ではありません。

  • 「恩恵を受ける」の読み方

「恩恵を受ける」の読み方

「恩恵を受ける」「おんけいをうける」と読みます。

日常的に使う表現ではありませんが、農業や経済などで使われることがありますのでぜひ知っておきたいですね。



「恩恵を受ける」の表現の使い方

「恩恵を受ける」というのは自然など、他の対象からもたらされる幸福や利益を指しており、「ありがたい恵みをもらう」ということになります。

例えば、農作物は太陽の光から「恩恵を受けて」成長しますよね。

確かに台風などは大変ですが、農作物にとっては雨も貴重です。

このように、農作物は自然からたくさんの「恩恵を受けて」いると言えるでしょう。

「恩恵を受ける」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「恩恵を受ける」を使った例文1
  • 「恩恵を受ける」を使った例文2

「恩恵を受ける」を使った例文1

「太陽の光から恩恵を受け、スイカが大きく育ちました」

夏になると、スイカが楽しみで仕方がないという人もいるのではないでしょうか。

大きく実ったスイカはとても魅力的で、とてもおいしいですよね。

しかしそのようなスイカはしっかりと太陽の光を浴びなければ育ちません。

また、スイカが育った畑は数年間休ませなければいけないとも言われています。

栄養たっぷりの畑からたくさんの恩恵を受け、スイカは大きくなっていくと言えるでしょう。

「恩恵を受ける」を使った例文2

「この街は観光業から大きな恩恵を受けています」

観光業で成り立っている街は、多くのお客さんを呼び寄せていかなければいけませんね。

特に観光業以外に特別なものがない街の場合、お客さんが減ってしまったら困るということもあるのではないでしょうか。

日本は海外から多くの観光客を集めており、日本の経済を拡大させるために大きな役割を果たしています。

観光で有名な地域は、観光業を発展させるために努力していかなければいけないと言えるでしょう。



「恩恵を受ける」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「利益を得る」【りえきをえる】
  • 「利用する」【りようする】

「利益を得る」【りえきをえる】

「利益を得る」というのは「何らかの恩恵を受ける」「利益を受ける」という意味になります。

「利益」というのはためになることを指します。

「利用する」【りようする】

「利用する」というのは「役立つようにうまく使うこと」「使って役に立たせること」という意味があります。

それ以外にも「ある目的を達成するために便宜的な手段として使う」という意味も持ち合わせています。

icon まとめ

「恩恵を受ける」という表現は日常的にも使える表現ですのでぜひ覚えておきましょう。

自分に恩恵を与えてくれている存在は忘れないようにしたいですね。