意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「援助」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「援助」という言葉については、よく知っている言葉だと思います。

この言葉は日常生活の中やビジネスシーンでも、頻繁に使われている言葉だからです。

また、TVやインターネットでも、国際協力の場面でも、よく出て来るので知らないことはないでしょう。

しかし、そのためにこの言葉について、じっくりと意味や活用法を調べてみるようなこともないかもしれません。

そこで今回は、この「援助」という言葉に改めてフォーカスして行くことで、その使い方などを考察していくことにしたいと思います。

Meaning-Book
「援助」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「援助」とは?
  • 「援助」の表現の使い方
  • 「援助」を使った例文と意味を解釈
  • 「援助」の類語や類義語


「援助」とは?

「援助」という言葉は、「助けること」という意味を持つ言葉ですが、特に「困った状況にある人や企業・団体・国を助ける」という意味で「助ける対象」が実に幅広いことが特徴的かもしれません。

  • 「援助」の読み方

「援助」の読み方

「援助」「えんじょ」という読み方になりますので、ここで改めてチェックしておきましょう。



「援助」の表現の使い方

「援助」「困った人を助ける」という意味がありますので、この言葉が当てはまる場面はたくさんあります。

特にお金に困っている人や企業に「資金援助」という言葉で表現する場合がおおいのですが、日本が発展途上国に資金だけでなく、技術支援する場合でも「技術援助」という言い回しで使うことがあります。

中には決して好ましい使い方ではありませんが、「援助交際」という言葉もあります。

「援助」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「援助」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「援助」を使った例文1
  • 「援助」を使った例文2

「援助」を使った例文1

「我が国は多くの国に経済援助を行っていますが、その国々も今では次第に経済発展で成長しています」

日本も経済大国として戦後から奇跡的な発展を遂げてきた経緯があります。

また、日本の国民性なのか、貧しい国や発展途上にある国々に対しては、人道的な観点からで、あらゆる「援助」を行ってきました。

確かにビジネス目的での「援助」である場合も数多くありますが、日本が世界に貢献してきたことが、非常に意義のあることです。

「援助」を使った例文2

「今までライバル企業であった企業を当社が資金援助するのは、業界自体の地盤沈下を防ぎ、景気の底上げを図るためだ」

企業間でも、資金的な「援助」をすることがあります。

しかし、この例文であるように同業他社に「資金援助」をするということは、通常ではあまり考えられないことかもしれません。

しかし、ここでこのようなことになるのは、その業界の景気の底上げが目的のようです。



「援助」の類語や類義語

「援助」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「手伝う」 【てつだう】
  • 「補助」【ほじょ】

「手伝う」 【てつだう】

「手伝う」とは、「他人の仕事を助けてうまく行くように力を添える」という意味がある言葉です。

「補助」【ほじょ】

「補助」「金や必需品を与えることにより世話をしたり維持したりする行動」という意味で使われています。

icon まとめ

どのような場面でも耳にすることがある「援助」という言葉を改めて、考えてきました。

ビジネスシーンで使われることが多い言葉だけに、私達の普段の活動の中でも当てはまる場面があることが分かったことと思います。

これからも毎日の活動の中で、意識しておきたいキーワードの1つとして、使いこなせるようにしておきたいものです。