意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「扱われる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「扱われる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「扱われる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「扱われる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「扱われる」とは?
  • 「扱われる」の表現の使い方
  • 「扱われる」を使った例文と意味を解釈
  • 「扱われる」の類語や類義語


「扱われる」とは?

「扱われる」というのはワ行5段活用の「扱う」の未然形に受身、尊敬、自発、可能の助動詞である「れる」をつけた形になります。

「扱う」というのは「手で操る」「操作する」「一般的に物事を裁く」「仕事としてする」「担当して処理する」などという意味があり、待遇するという意味で使われることもあります。

「扱われる」という表現は待遇されるという意味で使われることが多い表現だといえます。

  • 「扱われる」の読み方

「扱われる」の読み方

「扱われる」「あつかわれる」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「扱われる」の表現の使い方

「扱われる」というのは「処理される」「捜査される」「待遇される」などという意味で使われます。

例えば、「招かれざる客として扱われた」と言えば、「そこに出向いたにもかかわらず歓迎されなかった邪魔者として扱われた」という意味になります。

あるいは、VIP待遇を受けることもあるかもしれませんね。

その場合は歓迎されるべき客としてもてなされた、という意味になります。

「扱われる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「扱われる」を使った例文1
  • 「扱われる」を使った例文2

「扱われる」を使った例文1

「子供として扱われたので、息子はうれしくないようです」

小学生も高学年になったり、中学生になったりすると「子供として扱われる」ことを好まなくなりますよね。

大きくなりたいという意識が芽生える年代でもありますので、子供扱いされると不機嫌になることもあるのしれません。

その一方で、高校生や大学生になると「子供の頃はなくなったのに」と思うことも多くなるのではないでしょうか。

「扱われる」を使った例文2

「なんだか彼女は外国人として扱われたようでした」

日本人の中にも、まるで外国人のように見える人が存在しますよね。

大学生などの場合は「留学生として扱われる」こともあるかもしれません。

大学内で外国人に見えた場合は留学生として声をかけられることもあるのではないでしょうか。

留学生として扱われて面倒だった、新入生なのに3年生などとして扱われ、情報がもらえなかった、などという経験を持つ人もいるかもしれませんね。



「扱われる」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「手にかかる」【てにかかる】
  • 「処理される」【しょりされる】

「手にかかる」【てにかかる】

「手にかかる」というのは「直接取り扱われる」という意味です。

殺される、という意味でも使われることがあります。

「処理される」【しょりされる】

「処理される」というのは「処理する」という表現の受身になり、「物事をさばいて始末をつけられること」という意味になります。

例えば、離婚として処理される、などという表現がありますね。

「婚姻届は無事処理されました」などと使われます。

icon まとめ

「扱われる」という表現は日常的にも使える表現ですから、ぜひ覚えておきましょう。

教養として知っておきたい言い回しの1つです。